ゲームブック

【ゲームブック】ゲームブックを終わらせたのはサウンドノベルシリーズだったのか……?

1985~87年ごろに日本中を熱狂させたゲームブック。しかしわずか三年でブームは去り、娯楽として根付くことも無く終わってしまいました。その理由は何だったのか? 一つの考えとしてこういう意見があります。 www.inside-games.jp 【特集】ゲームブックはオ…

【ゲームブック】二見書房ゲームブック「タイムマシン・アドベンチャー」シリーズのファンがいらっしゃった

先日二見書房のゲームブックの話題を書いたのですが ↓ perry-r.hatenablog.com 【ゲームブック】二見書房にこんなゲームブックが有ったなんて……「タイムマシン・アドベンチャー・シリーズ」 http://perry-r.hatenablog.com/entry/2017/11/05/221207 この度、…

【ゲームブック】二見書房にこんなゲームブックが有ったなんて……「タイムマシン・アドベンチャー・シリーズ」

※ゲームブックとは関係ありません 先日ヤフオクのTRPGカテゴリーで出物をチェックしていました。このカテゴリーはTRPGの他に無造作にゲームブックも放り込まれているので、ちょっとチェックし甲斐が有るんですよね。 すると、ふと目に留まったタイトルが……、…

【ゲームブック】「送り雛は瑠璃色の」(思緒雄二):この感想に同意したい……

創土社版【※以下ネタバレ】 先日、ふと本棚に置いてあった「送り雛は瑠璃色の」(創土社)を10年ぶりくらいで取り出して読んでみたのです。 https://www.amazon.co.jp/dp/4789301192 送り雛は瑠璃色の 単行本 2003/5/1 思緒 雄二 (著) 出版社: 創土社 (2003/…

【ゲームブック】西東社が2016年にゲームブックを作っていた! 「謎解きゲーム! 呪われた館からの脱出」(阿笠九太郎)

過去一年以内で発売された新作ゲームブックのお話です。 西東社といえば、つい先日話題にしましたが、perry-r.hatenablog.com 【ゲームブック】「完全犯罪ゲーム」(1985年)のレビューはどれを読んでも味が有る - セントラル・ステーション分室 http://perry-…

【ゲームブック】「完全犯罪ゲーム」(1985年)のレビューはどれを読んでも味が有る

西東社は1985年~1987年頃のゲームブック全盛期に多分100冊以上ゲームブックを出版した会社ですが……、当時からなんとも異彩を放つというかそういう会社でした。他の会社が「ファンタジー世界で冒険者が迷宮に挑戦する」みたいな王道の作品を出版している頃、…

【ゲームブック】感想:「ALL ABOUT GAMEBOOK VOL.4 近代映画社編」(2013年6月)

今回ご紹介するのは、ゲームブックのカタログ「オールアバウトゲームブック」の第四弾「近代映画社編」です。近代映画社がゲームブック事業に参入していたなんて、ほんの数年前まで知りませんでした…… ALL ABOUT GAMEBOOK VOL.4 近代映画社編 オールアバウト…

【ゲームブック】感想:「ALL ABOUT GAMEBOOK VOL.1 ケイブンシャ編」(2011年5月)

今回ご紹介するのは、ゲームブックのカタログ「オールアバウトゲームブック」の第一弾「ケイブンシャ編」です。ケイブンシャ、懐かしいですね。 ALL ABOUT GAMEBOOK VOL.1 ケイブンシャ編 オールアバウトゲームブック1 - ゲームブックのオンラインショップ …

【ゲームブック】奇書「力道山のアメリカ遠征」がプロレスオタク的に凄く面白そう(笑)

【※以下ネタバレ】 1984年末から1987年のわずか三年間の間に大ブームとなり、そして消えていったゲームブックという娯楽。特に1985年は、出版に関わる会社は有名どころから聞いたことも無いような会社まで、この降ってわいたブームに乗ろうとこぞってゲーム…

【ゲームブック】ゲームブックカタログ「オールアバウトゲームブック」が凄すぎる

今、ネットショップの「トレーダーズギルド」が発売しているゲームブックカタログ本「オールアバウトゲームブック」の二巻を読んでいるのですが、これは凄すぎる。もう言葉を失うくらいのハイスペック本です…… 商品一覧 - ゲームブックのオンラインショップ …

【ボードゲーム】ゲームブック「火吹き山の魔法使い」のボードゲームが有るなんて知ってた!?

※以下、ゲームブック「火吹き山の魔法使い」のネタバレが有ります。 懐かしのゲームブック 1984年から87年まで、約三年間という短い期間でしたが、日本に大ブームを巻き起こしたゲームブック。そのブームのきっかけとなったのが社会思想社の「火吹山の魔法使…

【ゲームブック】ゲームブックカタログの逸品「ALL ABOUT GAMEBOOK VOL.2 JICC出版局編」

ALL ABOUT GAMEBOOK VOL.2 JICC出版局編 オールアバウトゲームブック2 - ゲームブックのオンラインショップ トレーダーズ・ギルド http://tradersguild.cart.fc2.com/ca45/632/p-r45-s/オールアバウトゲームブック ALL ABOUT GAMEBOOK Vol.2 JICC出版局編 ■ …

【ゲームブック】「火吹き山の魔法使い」他の世界をベースにしたCRPG「ファイティング・ファンタジー レジェンズ」が登場!!

ゲームブック好き、なかんずくファイティングファンタジー好きには朗報です。なんとコンピューターRPGで「火吹山の魔法使い」「盗賊都市」「バルサスの要塞」のあの世界を舞台にしたゲームが発売されるとのこと。マジか!? 火吹山、バルサスが蘇る! 「ファ…

【ゲームブック】「ティーンズ・パンタクル」(東京創元社:1990年):立ち昇る1980年代学園バトル物テイスト

ティーンズ・パンタクル (創元推理文庫) 単行本 1990/3 鈴木 直人 (著) https://www.amazon.co.jp/dp/4488909035 あたしの名は大島いずみ、半年前にこの全寮制の学校、洋貝台学園に転校してきた。実はあたしには霊媒の血が流れていて、念力で人を気絶させる…

【ゲームブック】「デッドライン」(JICC出版局:1987年)プレイ開始。子供向けでないハードボイルド風味が新鮮

https://www.amazon.co.jp/dp/4880632449/ デッドライン (アドベンチャーノベルス) 新書 1987/5 北 鏡太 (著), INFOCOM 本書は、アメリカのインフォコム社より製作・発売された、パソコン用ゲームソフト『デッドライン』を基にしたアドベンチャーノベルスで…

【ゲームブック】「UFO54‐40地球攻撃す」の大まかなあらすじを英語サイトで突き止めた(ネタバレ)

【以下ネタバレ】 ここ数年来、ずーっと内容が気になって仕方ないゲームブックがあります。それがこいつ。 UFO54‐40地球攻撃す (アドベンチャーブックス) 新書 1986/7 エドワード パッカード (著), 大出 健 (翻訳) https://www.amazon.co.jp/dp/4061919865ぼ…

【ゲームブック】Choose Your Own Adventure(きみならどうする?/アドベンチャーブックス)の生みの親「エドワード・パッカード」インタビュー記事発見(※英語)

1970年代に学研から発売された日本の最初期のゲームブック「きみならどうする?」シリーズと、1985年頃のゲームブック全盛期に講談社から発売された「アドベンチャーブックス」シリーズは、どちらもアメリカの小中学生向けゲームブック「Choose Your Own Adv…

【ゲームブック】Choose Your Own Adventure(きみならどうする?/アドベンチャーブックス)の全作品紹介サイト発見!(英語だけど)

英語サイトでゲームブックを調べていて、すごい場所を見つけてしまいました。 Demian's Gamebook Web Page http://www.gamebooks.org/index.php このサイトの検索窓に「Choose Your Own Adventure」と入力すると、関連ページがずらずら出てきます。 とりあえ…

【ゲームブック】講談社のゲームブック「天才コンピュータAI32」の話題に興奮

冒険記録日誌 天才コンピュータAI32(エドワード・パッカード/講談社) その1 http://www.enpitu.ne.jp/usr7/bin/day?id=79672&pg=20161203 冒険記録日誌 天才コンピュータAI32(エドワード・パッカード/講談社) その2 http://www.enpitu.ne.jp…

【ゲームブック】「たったひとりのサバイバル・ゲーム!」7月に角川から「サバイバル」系のゲームブックが2冊出る予定

たったひとりのサバイバル・ゲーム! ジャングルから脱出せよ作者: トレイシー・ターナー,岡本由香子出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/07/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る たったひとりのサバイバル・ゲーム! ジャングル…

【ゲームブック】「ゲームブックはどんな人たちが書いたのか」を見て考える

冒険記録日誌 ゲームブックはどんな人たちが書いたのか http://www.enpitu.ne.jp/usr7/bin/day?id=79672&pg=20160604 ここで先ほどのゲームブック作家の分類に基づき、私から見た感想を分類別に一言書いてみます。1.プログラマータイプ 2.パズル作家タイ…

【ゲームブック】記事『「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来 』にゲームブックの明るい未来を見た

【特集】ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来 | インサイド http://www.inside-games.jp/article/2016/05/06/98407.html ──「ドルアーガの塔」三部作のKindle化は、ゲームブックファンにとって大…

【ゲームブック】若桜木虔氏作のゲームブックは無限ループから逃げられない

「冒険記録日誌」http://www.enpitu.ne.jp/usr7/79672/ というサイトは「山口プリン」さんが管理しておられて、定期的にゲームプックのリプレイが掲載されているため、いつも注目しているのですが…… 冒険記録日誌 秘密諜報大作戦(若桜木虔/光文社文庫) そ…

感想:ゲームブック「それからの『イヴ』―THE X‐FILES」(1996年)【プレイ中】

ドラマ「X-ファイル」の世界を舞台にしたゲームブックを入手した。原作ファンとしてはそれなりに期待していたのだが、結論から言うとハズレだった。完全クリアしたわけではないが、大体の雰囲気をつかんだので感想を書いておきたい。 それからの『イヴ』―THE…

雑談:ゲームブック関係:イアン・リビングストン御大、ホビージャパンから出た「デストラップ・ダンジョン」の表紙について激白

1980年代の僅かな時期に「ゲームブック」のブームがありました。そして、ゲームブック作者の中でも特に知名度が高かった一人が、イギリスのイアン・リビングストン。この方は「火吹き山の魔法使い」(共著)とかで有名でした。 さて、リビングストンの作品の…

雑談:引用:ゲームブック関係:『暗黒教団の陰謀 輝くトラペゾヘドロン』:えっ、完全オリジナルのストーリーじゃないって?

アニメ・漫画・ゲーム系オタクはみんな大好き(?)「クトゥルフ神話」ジャンルですが、その昔、ゲームブックブームの頃、クトゥルフ物ゲームブックが発売されました。つまり、コレです。 暗黒教団の陰謀?輝くトラペゾヘドロン作者: 大滝啓裕出版社/メーカー…

【ゲームブック』6月に「七つの大罪」ゲームブック発売予定(作者は藤浪智之氏)

とけねこ先生こと藤浪智之氏が新作ゲームブックを執筆されたというお知らせです。 ●「七つの大罪」ゲームブックが出ます: コトノハゲームズ http://kotonohagames.seesaa.net/article/418402085.html 「七つの大罪ゲームブック 迷いの森の冒険」を とけねこ…

感想:ゲーム関係本「ロールプレイングゲームサイド Vol.1」(2014年7月30日発売)

ゲーム関係本「ロールプレイングゲームサイド Vol.1」の感想です。 ■ゲームサイド公式サイト GAMESIDE http://gameside.jp/rpgs/rpgs1/ ■データ(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/dp/4896374703/ ロールプレイングゲームサイド Vol.1 (GAMESIDE BOOKS) …

雑談:引用:『なつかしのゲームブック。』

●なつかしのゲームブック。 - ネットタイガー http://nbnl.hatenablog.jp/entry/2015/04/03/223415 >で、先日ふと本棚の奥を見たら、かれこれン十年前に遊んだゲームブックが出てきました。なかなか年代物となっている懐かしのゲームブック達。ちょっとジャ…

雑談:ゲームブック投稿サイト「GameBook.xyz」

●GameBook.xyz - 読者が主人公の小説 http://gamebook.xyz/ >本来素晴らしいはずのゲームブックが日に当たらないのは憂慮すべきことです。 >このことはゲームブックを愛読する方は勿論、作家の方々双方にとって不利益です。 >また、その面白さ、素晴らし…