ゲームブック

【ゲームブック】「火吹き山の魔法使い」他の世界をベースにしたCRPG「ファイティング・ファンタジー レジェンズ」が登場!!

ゲームブック好き、なかんずくファイティングファンタジー好きには朗報です。なんとコンピューターRPGで「火吹山の魔法使い」「盗賊都市」「バルサスの要塞」のあの世界を舞台にしたゲームが発売されるとのこと。マジか!? 火吹山、バルサスが蘇る! 「ファ…

【ゲームブック】「ティーンズ・パンタクル」(東京創元社:1990年):立ち昇る1980年代学園バトル物テイスト

ティーンズ・パンタクル (創元推理文庫) 単行本 1990/3 鈴木 直人 (著) https://www.amazon.co.jp/dp/4488909035 あたしの名は大島いずみ、半年前にこの全寮制の学校、洋貝台学園に転校してきた。実はあたしには霊媒の血が流れていて、念力で人を気絶させる…

【ゲームブック】「デッドライン」(JICC出版局:1987年)プレイ開始。子供向けでないハードボイルド風味が新鮮

https://www.amazon.co.jp/dp/4880632449/ デッドライン (アドベンチャーノベルス) 新書 1987/5 北 鏡太 (著), INFOCOM 本書は、アメリカのインフォコム社より製作・発売された、パソコン用ゲームソフト『デッドライン』を基にしたアドベンチャーノベルスで…

【ゲームブック】「UFO54‐40地球攻撃す」の大まかなあらすじを英語サイトで突き止めた(ネタバレ)

【以下ネタバレ】 ここ数年来、ずーっと内容が気になって仕方ないゲームブックがあります。それがこいつ。 UFO54‐40地球攻撃す (アドベンチャーブックス) 新書 1986/7 エドワード パッカード (著), 大出 健 (翻訳) https://www.amazon.co.jp/dp/4061919865ぼ…

【ゲームブック】Choose Your Own Adventure(きみならどうする?/アドベンチャーブックス)の生みの親「エドワード・パッカード」インタビュー記事発見(※英語)

1970年代に学研から発売された日本の最初期のゲームブック「きみならどうする?」シリーズと、1985年頃のゲームブック全盛期に講談社から発売された「アドベンチャーブックス」シリーズは、どちらもアメリカの小中学生向けゲームブック「Choose Your Own Adv…

【ゲームブック】Choose Your Own Adventure(きみならどうする?/アドベンチャーブックス)の全作品紹介サイト発見!(英語だけど)

英語サイトでゲームブックを調べていて、すごい場所を見つけてしまいました。 Demian's Gamebook Web Page http://www.gamebooks.org/index.php このサイトの検索窓に「Choose Your Own Adventure」と入力すると、関連ページがずらずら出てきます。 とりあえ…

【ゲームブック】講談社のゲームブック「天才コンピュータAI32」の話題に興奮

冒険記録日誌 天才コンピュータAI32(エドワード・パッカード/講談社) その1 http://www.enpitu.ne.jp/usr7/bin/day?id=79672&pg=20161203 冒険記録日誌 天才コンピュータAI32(エドワード・パッカード/講談社) その2 http://www.enpitu.ne.jp…

【ゲームブック】「たったひとりのサバイバル・ゲーム!」7月に角川から「サバイバル」系のゲームブックが2冊出る予定

たったひとりのサバイバル・ゲーム! ジャングルから脱出せよ作者: トレイシー・ターナー,岡本由香子出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/07/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る たったひとりのサバイバル・ゲーム! ジャングル…

【ゲームブック】「ゲームブックはどんな人たちが書いたのか」を見て考える

冒険記録日誌 ゲームブックはどんな人たちが書いたのか http://www.enpitu.ne.jp/usr7/bin/day?id=79672&pg=20160604 ここで先ほどのゲームブック作家の分類に基づき、私から見た感想を分類別に一言書いてみます。1.プログラマータイプ 2.パズル作家タイ…

【ゲームブック】記事『「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来 』にゲームブックの明るい未来を見た

【特集】ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来 | インサイド http://www.inside-games.jp/article/2016/05/06/98407.html ──「ドルアーガの塔」三部作のKindle化は、ゲームブックファンにとって大…

【ゲームブック】若桜木虔氏作のゲームブックは無限ループから逃げられない

「冒険記録日誌」http://www.enpitu.ne.jp/usr7/79672/ というサイトは「山口プリン」さんが管理しておられて、定期的にゲームプックのリプレイが掲載されているため、いつも注目しているのですが…… 冒険記録日誌 秘密諜報大作戦(若桜木虔/光文社文庫) そ…

感想:ゲームブック「それからの『イヴ』―THE X‐FILES」(1996年)【プレイ中】

ドラマ「X-ファイル」の世界を舞台にしたゲームブックを入手した。原作ファンとしてはそれなりに期待していたのだが、結論から言うとハズレだった。完全クリアしたわけではないが、大体の雰囲気をつかんだので感想を書いておきたい。 それからの『イヴ』―THE…

雑談:ゲームブック関係:イアン・リビングストン御大、ホビージャパンから出た「デストラップ・ダンジョン」の表紙について激白

1980年代の僅かな時期に「ゲームブック」のブームがありました。そして、ゲームブック作者の中でも特に知名度が高かった一人が、イギリスのイアン・リビングストン。この方は「火吹き山の魔法使い」(共著)とかで有名でした。 さて、リビングストンの作品の…

雑談:引用:ゲームブック関係:『暗黒教団の陰謀 輝くトラペゾヘドロン』:えっ、完全オリジナルのストーリーじゃないって?

アニメ・漫画・ゲーム系オタクはみんな大好き(?)「クトゥルフ神話」ジャンルですが、その昔、ゲームブックブームの頃、クトゥルフ物ゲームブックが発売されました。つまり、コレです。 暗黒教団の陰謀?輝くトラペゾヘドロン作者: 大滝啓裕出版社/メーカー…

雑談:引用:ゲームブック関係:6月に「七つの大罪」ゲームブック発売(作者は藤浪智之氏)

とけねこ先生こと藤浪智之氏が新作ゲームブックを執筆されたというお知らせです。 ●「七つの大罪」ゲームブックが出ます: コトノハゲームズ http://kotonohagames.seesaa.net/article/418402085.html 「七つの大罪ゲームブック 迷いの森の冒険」を とけねこ…

感想:ゲーム関係本「ロールプレイングゲームサイド Vol.1」(2014年7月30日発売)

ゲーム関係本「ロールプレイングゲームサイド Vol.1」の感想です。 ■ゲームサイド公式サイト GAMESIDE http://gameside.jp/rpgs/rpgs1/ ■データ(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/dp/4896374703/ ロールプレイングゲームサイド Vol.1 (GAMESIDE BOOKS) …

雑談:引用:『なつかしのゲームブック。』

●なつかしのゲームブック。 - ネットタイガー http://nbnl.hatenablog.jp/entry/2015/04/03/223415 >で、先日ふと本棚の奥を見たら、かれこれン十年前に遊んだゲームブックが出てきました。なかなか年代物となっている懐かしのゲームブック達。ちょっとジャ…

雑談:ゲームブック投稿サイト「GameBook.xyz」

●GameBook.xyz - 読者が主人公の小説 http://gamebook.xyz/ >本来素晴らしいはずのゲームブックが日に当たらないのは憂慮すべきことです。 >このことはゲームブックを愛読する方は勿論、作家の方々双方にとって不利益です。 >また、その面白さ、素晴らし…

雑談:ゲームブック関係:紹介:オンラインのゲームブック「終末のヴァンパイア」

●終末のヴァンパイア http://gandb777.up.seesaa.net/image/E7B582E69CABE381AEE383B4E382A1E383B3E38391E382A4E382A2.html オンラインのゲームブック。ホラー系。「嵐の夜、とある屋敷に世話になる事になったが云々」というわりとありがちなタイプ。「精神…

雑談:ゲームブック関係:悲報、iGameBookがゲームブックアプリから撤退

●【重要】iGameBook、「14へ」行きます https://www.facebook.com/goto14>ゲームブックファンの皆様へ >iGameBook 管理人です。 >突然ではございますが、 >2015年3月31日をもちまして、 >iGameBook 全アプリの販売を終了することになりました。 >"read…

雑談:記事:ゲームブック関係:「23ものTwitterアカウントを巡って楽しむゲームブック」

●23ものTwitterアカウントを巡って楽しむゲームブック : ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp/2015/01/post_16394.html >Terence EdenさんはTwitterだけを使ったゲームブック「きみならどうする?(原題:Choose Your Own Adventure)」を制作しま…

雑談:ゲームブック関係:「脱出ゲームブック」4冊目「聡明なスパイは耳がいい」2015年3月20日発売予定

●聡明なスパイは耳がいい | 脱出ゲームブックvol.4 | リットーミュージック http://www.rittor-music.co.jp/dgamebook/04/ 新たなエンターテイメント“リアル脱出ゲーム”のエッセンスを本に凝縮した大好評の“脱出ゲームブック”シリーズ、待望の第4弾! スパイ…

感想:ゲーム付き雑誌「月刊スパ帝国 Vol.24」(2014年11月)

■スパ帝国 | 小さく完璧なゲームを作ろう http://spa-game.com/ ■月刊スパ帝国Vol.24(ソルヴァーズ・アフターマス) | スパ帝国 http://spa-game.com/?p=3983Vol.22「ソルヴァーズ」の追加シナリオ。最終ミッションでドゥームドーザーに勝った世界と負けた世…

雑談:ゲームブック関係:「魔法使いディノン2 闇と炎の狩人」入手

●ゲームブック 魔法使いディノン (2) http://w3.shinkigensha.co.jp/books/978-4-7753-1306-0.html>ゲームブック 魔法使いディノン (2) >闇と炎の狩人 >著:門倉直人 >イラスト:佐藤道明>★この中の誰が敵なのか? >蘇る名作ゲームブック。魔法使いデ…

雑談:引用:『ゲームブックの作り方 「顔のない村」「送り雛は瑠璃色の」思緒雄二 先生編』

●ゲームブックの作り方 「顔のない村」「送り雛は瑠璃色の」思緒雄二 先生編: iGameBook official blog http://blog.igamebook.jp/article/407487470.html>当時のゲームブック雑誌「ウォーロック」で、「顔のない村」をデビューさせました。 >当時の作品は…

雑談:引用:『ゲームブックの作り方 「展覧会の絵」森山安雄 先生編』

●ゲームブックの作り方 「展覧会の絵」森山安雄 先生編 http://blog.igamebook.jp/archives/20141015-1.html>ゲームブックファンなら一度は、 >自分で書いてみよう! >とチャンレンジされた方がいるとは思います>人気ゲームブックアプリ「展覧会の絵」の…

感想:ゲームブック(同人)「ある剣士の物語」(水本シズオ)(2014年9月発売)第一報【プレイ中】

ゲームブック「ある剣士の物語」(水本シズオ)の感想です。 本日5分間プレイしただけですが、とりあえずの感想など。 ------------------------------------------------- ■ゲームブック 温故屋 http://onkoya.saloon.jp/works.html >ゲームブック ある剣士…

感想:ゲームブック(同人)「シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路」(今野隼史)(2014年5月4日発売)【クリア済】

ゲームブック「シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路」(今野隼史)の感想です。 クリアしての感想です。 ■シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路 http://frontierpub.jp/books/1405shf3/ Schrodinger Folks - sectional footprints 不確定なラ…

感想(ネタバレ):ゲームブック(同人)「シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路」(今野隼史)(2014年5月4日発売)【クリア済】

ゲームブック「シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路」(今野隼史)の感想です。 クリアしての感想です。(※以下、今回の話の内容のネタバレですのでご注意ください) 543210以下ネタバレです。 ■シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路 h…

【ゲームブック】「魔法使いディノン1 失われた体」第一報

●ゲームブック 魔法使いディノン (1) http://w3.shinkigensha.co.jp/books/978-4-7753-1300-8.html>ゲームブック 魔法使いディノン (1) >失われた体>著:門倉直人 >イラスト:佐藤道明 >本体1,450円(税別) 四六判 292ページ >ISBN978-4-7753-1300-8 …

雑談:ゲームブック関係:「魔法使いディノン」2014年9月13日 発売

●ゲームブック 魔法使いディノン (1) http://w3.shinkigensha.co.jp/books/978-4-7753-1300-8.html>ゲームブック 魔法使いディノン (1) >失われた体>著:門倉直人 >イラスト:佐藤道明 >本体1,450円(税別) 四六判 292ページ >ISBN978-4-7753-1300-8 …

感想:ゲームブック「闇に彷徨い続けるもの」(友野詳)(「闇のトラペゾヘドロン」収録)(2014年8月発売)【クリア済】

ゲームブック「闇に彷徨い続けるもの」(友野詳)の感想です。 クリアしての感想です。 ------------------------------------------------- ■データ(公式) http://www.amazon.co.jp/dp/4798830186 闇のトラペゾヘドロン (クトゥルー・ミュトス・ファイル…

【ゲームブック】創土社「闇に彷徨い続けるもの」(「闇のトラペゾヘドロン」収録)ちょっと読み

●『闇のトラペゾヘドロン』 倉阪鬼一郎|積木鏡介|友野詳 http://www.soudosha.jp/Cthulhu/yamino.html>《闇に彷徨い続けるもの・友野詳》 >ある日、世界は破滅した。「きみ」(プレイヤー)は、これまでの肉体と切り離され、精神を奇怪な結晶体に封じら…

雑談:ゲームブック関係:創土社「闇のトラペゾヘドロン」はまたゲームブック入り本です

●『闇のトラペゾヘドロン』 倉阪鬼一郎|積木鏡介|友野詳 http://www.soudosha.jp/Cthulhu/yamino.html>《闇に彷徨い続けるもの・友野詳》 >ある日、世界は破滅した。「きみ」(プレイヤー)は、これまでの肉体と切り離され、精神を奇怪な結晶体に封じら…

雑談:ゲームブック関係:魔法使いディノンは新紀元社から出るとのこと

●新紀元社 https://twitter.com/Shinkigensha/status/496122455597912064 【ゲームブック復刊】1980年代に早川書房様より刊行されたゲームブック「魔法使いディノン」1、2巻が新紀元社から復刊されます!第1巻「失われた体」は9月上旬発売予定。第2巻「…

雑談:引用:ゲームブックの創土社の酒井氏が退社したとのこと

●冒険記録日誌 2014年08月12日(火) 酒井さん退社で、今後の創土社はどうなる? http://www.enpitu.ne.jp/usr7/79672/diary.html >創土社の編集者としてゲームブックの出版に尽力されていた酒井さんが、ご本人のツイッターによりますと、創土社を退職された…

感想:ゲームブック(同人)「シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路」(今野隼史)(2014年5月4日発売)第一報【プレイ中】

ゲームブック「シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路」(今野隼史)の感想です。 本日入手して5分間プレイしただけですが、とりあえずの感想など。 ■シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路 http://frontierpub.jp/books/1405shf3/ Schrodinger…

雑談:ゲームブック関係:同人ゲームブックで「シュレディンガ・フォークス」というのが有るらしい

●シュレディンガ・フォークス-パラグラフの迷路 http://frontierpub.jp/books/1405shf3/シュレディンガ・フォークス パラグラフの迷路新書版144p(カラー口絵4p、本文横組み) 即売会価格800円 ショップ価格850〜900円(税別) 不確定なライトノベル…

雑談:ゲームブック関係:「天空要塞アーロック」が中古で6万円って……

●天空要塞アーロック~ファイティング・ファンタジー (33) [文庫] http://www.amazon.co.jp/dp/4390112333 マーティン アレン (著), 坂井 星之 (著), M.アレン (著) 文庫: 400ページ 出版社: 社会思想社 (1991/05) ISBN-10: 4390112333 ISBN-13: 978-43901123…

雑談:引用:ゲームブック関係:「DEATH NOTE×SCRAP 死と砂の世界からの脱出」ゲームブックとは言っても……

●「デスノート」降誕10周年|DEATH NOTE 10th http://www.j-deathnote.com/portal/nazo.html >SCRAPがすべての謎を制作した『DEATH NOTE』ゲームブックの >発売が決定!リアル脱出ゲームの楽しさを本の中で体験できるぞ! >突然、知らない世界に運ばれて…

【ゲームブック】「デーモンズ・シティ 鬼神狩り」の設定に時代を感じる

辰巳出版のゲームブック「デーモンズ・シティ 鬼神狩り」ネタ。 [参考] ●グラフィック・アドベンチャーブック2 デーモンズ・シティ 鬼神狩り・中古・通販ショップの駿河屋 http://www.suruga-ya.jp/database/607044178001.html 発売日 1987/01/15 定価 924…

感想:ゲームブック「火吹き山の魔法使い2」(I・リビングストン)(2010年発売)【プレイ中】

ゲームブック「火吹き山の魔法使い2」(I・リビングストン)の感想です。 序盤をプレイしただけですが、とりあえずの感想など。 ------------------------------------------------- ■(同人誌)火吹山の魔法使い2 アドベンチャーゲームブック [ゲーム探偵団(…

雑談:ゲームブック関係:辰巳出版の「グラフィック・アドベンチャーブック」幻の第五弾

辰巳出版のゲームブックシリーズ「グラフィック・アドベンチャーブック」の4冊目「アリスの新たなる冒険 少女アドベンチャー」(1989年9月10日 発行)のあとがきを見てみると、次回作として「大恐竜地帯」という作品を考えていたようです。もっとも1989年と…

雑談:ゲームブック関係:辰巳出版の「グラフィック・アドベンチャーブック」全巻制覇達成!!

以前から欲しくて欲しくて仕方なかった辰巳出版のゲームブックシリーズ「グラフィック・アドベンチャーブック」(全4冊)をついに全て揃える事に成功しました。いやー、もう興奮で手が震えそうです。 ラインナップは以下の通り。 1 剣と魔法と竜の国 1986年…

感想:ゲームブック「オルフェウス作戦 海上原子力発電所を奪回せよ!」(ワールドフォトプレス)(1986年7月発売)【プレイ断念】

ゲームブック「オルフェウス作戦 海上原子力発電所を奪回せよ!」(ワールドフォトプレス)の感想です。 まだ完全クリアはしておりませんが、大体雰囲気はつかめましたので(というかやる気をなくしたので)、感想など。 -----------------------------------…

感想:ゲームブック「殺人犯はだれだ」(エドワード・パッカード)(1985年6月発売)【クリア済】

ゲームブック「殺人犯はだれだ」(エドワード・パッカード)の感想です。 クリアしての感想です。殺人犯はだれだ (アドベンチャーブックス (3))作者: エドワード・パッカード,大出健出版社/メーカー: 講談社発売日: 1985/06メディア: 新書この商品を含むブロ…

雑談:ゲームブック関係:光文社の28年前の「オルフェウス作戦」が綺麗すぎて怖い

ゲームブック オルフェウス作戦―海上原子力発電所を奪回せよ! (光文社文庫)作者: ワールドフォトプレス出版社/メーカー: 光文社発売日: 1986/07メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 懐かしい、というより知名度恐ろしく低そうなゲームブックのネタ。 h…

雑談:ゲームブック関係:辰巳出版の「グラフィック・アドベンチャーブック デーモンズ・シティ」はホントに出物が無い……

悔恨も含めたゲームブックネタ。 辰巳出版は昔「アソコンブックス」というブランドを持っていて、「美少女ゲーム」(昔は18禁ゲームのことをそう呼んでいたりしました、懐かしいね!)の攻略ムックとかを出していました。そのブランドで1986年ごろ、当時の…

【ゲームブック】講談社「アドベンチャーブックス」シリーズ=「きみならどうする?」シリーズだった

約30年前のゲームブックネタ。まあ、知っている人には何をいまさらでしょうが…… タイムトンネルの冒険―きみならどうする? (ジュニアチャンピオンコース 51) [単行本] パッカード (著) http://www.amazon.co.jp/dp/405003249X/ 単行本: 149ページ 出版社: …

【ゲームブック】講談社「アドベンチャーブックス」シリーズカバー一覧を発見

●アドベンチャーノベルス http://www.geocities.jp/panda_ran_ron/main/gblist/advbook.htm >Choose Your Own Adventure を翻訳したもの。 講談社が1986〜87年に発売したゲームブック「アドベンチャーブックス」(全20冊)のカバー写真が載っています。表…