小説

【FGO】東京創元社がFGOキャラとコラボし(てしまっ)た……

東京創元社と言えば小説業界の老舗。推理小説やSF小説でお世話になっている会社ですが…… 2018年7月アーカイブ|お知らせ|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/news/2018/07/創元推理文庫6点を「Fate/Grand Order」キャラクターイラストオビつきで出荷 スマ…

【深読み読書会】感想:NHK番組「シリーズ深読み読書会」『戦後最大の問題作!? 小松左京「日本沈没」』

シリーズ 深読み読書会 http://www4.nhk.or.jp/P4207/ 放送 NHK BSプレミアム。2018年3月17日(土) 22:00~23:00。 【※以下ネタバレ】 シリーズ深読み読書会「小松左京“日本沈没”~戦後最大の問題作!?」 [BSプレミアム] 2018年3月17日(土) 午後10:00~午…

【少女小説】『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者インタビューがやたら面白かった

今年の1月上旬に以下のような記事がネットに登場しました。 そろそろ、「少女小説」について語り始めよう/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー - wezzy|ウェジー http://wezz-y.com/archives/51381 「少女小説」と聞いて何を…

【ラノベ】「りゅうおうのおしごと!」書きおろし短編「関ケ原人間将棋(リハ)」が面白いわぁ、というお話

りゅうおうのおしごと! | ガンガンONLINE | SQUARE ENIX http://www.ganganonline.com/contents/ryuou/ 【※以下ネタバレ】 関ケ原に「りゅうおうのおしごと!」が参戦!! GA文庫ブログ http://ga.sbcr.jp/bunko_blog/cat380/20170919/ 10月14日、15日に岐阜…

雑談:記事:『なぜエロゲ出身のライターがアニメやラノベ業界でブレイクしているのか?』

「エロゲ」というとネットスラングで下品な響きなので、あまり好きな言葉ではありませんが、要するに「18禁系のゲーム」のことです。「まどか☆マギカ」の虚淵玄氏など、大ヒットを飛ばした作品の作り手が、そういうアンダーグラウンド的世界の出身、というの…

【ラノベ】記事:『ラノベライター匿名座談会』(バグバグ2014年6月号)の内容紹介

もう一年以上前に発売された雑誌の話題になりますが、エロゲ雑誌「バグバグ2014年6月号」で、エロゲのシナリオライター出身のラノベ作家たちの匿名座談会が記事になっていたので、内容をご紹介。この手の「エロゲシナリオ書き→作家様に」というキャリアアッ…

【文学】感想:NHK番組「シリーズ・妖しい文学館」「あなたの知らない名探偵・明智小五郎と怪人二十面相の秘密」(2015年7月30日(木)放送)

NHK番組「シリーズ・妖しい文学館」の感想です。 (※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください) ■シリーズ・妖しい文学館 - NHK http://www4.nhk.or.jp/P3613/ NHK BSプレミアムでの視聴です(放送日:2015年7月30日(木) 21:00〜22:00)。 …

【小説】バカ推理小説「更新世の殺人」がバカすぎる(小林泰三/「大きな森の小さな密室」創元推理文庫)

●大きな森の小さな密室 - 小林泰三|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488420116 初版:2011年10月21日 ISBN:978-4-488-42011-6会社の書類を届けにきただけなのに。森の奥深くの別荘で幸子が巻き込まれたのは密室殺人だった。閉ざされた扉の…

感想:小説「こちら殺人課!―レオポルド警部の事件簿」(1981年)(エドワード・D・ホック)

小説「こちら殺人課!―レオポルド警部の事件簿」(エドワード・D・ホック)の感想です。 ■データ(公式) http://www.amazon.co.jp/dp/B000J7ZB7G/ こちら殺人課!―レオポルド警部の事件簿 (1981年) (講談社文庫) E.D.ホック (著), 風見 潤 (編集, 翻訳) 文庫:…