雑談:引用:ゲームブック:『シリーズ最新作「ゾンビの血 Blood of the Zombies」をプレイして その1』

●社会思想新社 シリーズ最新作「ゾンビの血 Blood of the Zombies」をプレイして その1
http://syakaisin.blog.shinobi.jp/Entry/109/

>先日発売された30周年記念作「ゾンビの血 Blood of the Zombies」

>創業者コンビの片割れであるリビングストン氏自らの作品

>本作はお話の主題をバイオハザード風ゾンビ退治物に仕上げた事、主人公の能力値や戦闘システムも旧来の物とは大きく違うやり方を導入するなど、新しい試み

>本作はiフォンなどの電子書籍版やアプリ版の企画が当初からあり、基本システムの大胆な変更もそれを念頭に置いたものである事が実際に読んでみると分かります。

 ふむぅ、イギリスでもゲームブックのアプリ化は進行中なのですね。

 そして、これ、「火吹き山の魔法使い」のイアン・リビングストン先生の最新作ですよ! いくらFF(ファイティング・ファンタジーです、ファイナルファンタジーではありません)シリーズプランド作品でも、よく知らない人の作品ですと食指が伸びませんが、リビングストン作品となるとこれは注目ですよ。来年春頃に同人誌として翻訳される予定とのことですので、その時には入手したいものです。