感想:アニメ「モモキュンソード」第6話「歌姫爆誕!天女隊でびゅ〜!」


 アニメ「モモキュンソード」の感想です。
(※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください)

モモキュンソード
http://momokyun.com/

 CS放送・AT-Xでの視聴です。

第6話 『第六話 歌姫爆誕!天女隊でびゅ〜!』


■あらすじ

 桃子一行は坂東武者で有名な上総の国にやってきた。この国のむさい武士の間では天女隊がアイドル並みの大人気で、四人はちやほやされてまんざらでもない。さらに皇天女は四人を本当のアイドルグループとして売り出し、四人の大和絵や木彫りの像は爆発的なヒットとなる。桃子は天女隊に、芸能活動に多忙で、桃の欠片探しをないがしろにすることについて苦言を呈すると、そのまま自分たちだけで欠片探しに向かう。天女隊はその言葉に本来の任務を改めて認識し、初のスーパーライブの冒頭いきなり引退宣言すると、そのまま桃子たちの救援に向かう。で、最終的に幻鬼から欠片を取り戻すが、いつもの爆発で桃子の服がビリビリになったシーンが目撃され、以後桃子の半裸大和絵が武士の間で大人気となって〆。


■感想

 桃子が「あいどる……、何それ」とか言っていたわりに、プロデュースとかスーパーライブとかいう言葉を疑問なく受け入れるハチャメチャ世界観が楽しい。


★おまけ

モモキュンソードコミックマーケット86 グッズ情報
http://momokyun.com/comicmarket86.html

 ムックにはキャストのグラビアとかあるよ!