感想:小説「雷の従者」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 479巻)(2014年8月22日(金)発売)


 小説「雷の従者」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 479巻)の感想です。
(※以下、今回の話の内容について触れています。ご注意ください)

-------------------------------------------------

■データ(公式)
http://www.amazon.co.jp/dp/4150119708/
雷の従者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-479 宇宙英雄ローダン・シリーズ 479) 文庫 2014/8/22
クルト・マール (著), 工藤 稜 (イラスト), 嶋田洋一 (翻訳)
文庫: 256ページ
出版社: 早川書房 (2014/8/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150119708
ISBN-13: 978-4150119706
発売日: 2014/8/22


>〈宇宙英雄ローダン・シリーズ479〉テラナーたちが白昼夢に悩まされる惑星でグッキーは超能力を使えなくなってしまうが!?

>《バジス》の搭載艇《エランテ》は惑星“グッキーの宿屋”に着陸した。ここでくりひろげられる危険な白昼夢の発信源は、惑星地下にあるらしい。グッキーがその秘密を探りはじめたところ、突然、超能力が使えなくなってしまう。しかも《エランテ》にもどってみると、ペリー・ローダンをはじめとする全乗員が深い眠りに落ちていた。グッキーは、ただひとり覚醒していた宙航士ミルダー・ダノとともに、真相解明に乗りだす!

-------------------------------------------------
宇宙英雄ローダン・シリーズ[478]巻

 日本で発売されている小説では最長を誇るSF「宇宙英雄ローダン・シリーズ」の一冊です。

発売日 = 2014年8月8日(金)
サイクル= 第15サイクル「宇宙の城」


-------------------------------------------------
◇957話 夢幻惑星(クルト・マール)(訳者:嶋田洋一)

 惑星「グッキーの宿屋」にいたローダンたちは、未知の攻撃で失神させられてしまい!?


−>

 住民「ヴァルギ人」の発展の歴史がなかなか面白かった。


-------------------------------------------------
◆958話 雷の従者(クルト・マール)(訳者:嶋田洋一)

 謎の場所に拉致されたローダンたちは、脱出を開始するが!?

−>

 問題があっと驚く手段で解決されて、「デウス・エクス・マキナ」という用語を思い出しました。いくらなんでもあの解決はどうなんでしょうか。


-------------------------------------------------

 まあ、それなりには面白かったのでマルとします。


-------------------------------------------------
★表紙絵

 メインはローダン、グッキー、バヤ・ゲレルの横顔。背景はヴァルギ人とルーワーのにらみ合い。


-------------------------------------------------
★あとがきにかえて

 担当は「嶋田洋一」氏。全1ページ。惑星「グッキーの宿屋」の住民が「ウェイター」の訳を説明。


-------------------------------------------------
★予告

 次巻は480巻「UFO血清」(マリアンネ・シドウ)(2014年9月10日(水)発売予定)。


-------------------------------------------------
★おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm

-------------------------------------------------

グッキーの狼藉 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-478 宇宙英雄ローダン・シリーズ 478)

グッキーの狼藉 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-478 宇宙英雄ローダン・シリーズ 478)

-------------------------------------------------