感想:小説「UFO血清」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 480巻)(2014年9月10日(水)発売)


 小説「UFO血清」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 480巻)の感想です。
(※以下、今回の話の内容について触れています。ご注意ください)

-------------------------------------------------

■データ(公式)
http://www.amazon.co.jp/dp/4150119732

UFO血清 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-480 宇宙英雄ローダン・シリーズ 480) 文庫 2014/9/10
マリアンネ・シドウ (著), 工藤 稜 (イラスト), 嶋田洋一 (翻訳)
文庫: 256ページ
出版社: 早川書房 (2014/9/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150119732
ISBN-13: 978-4150119737
発売日: 2014/9/10


>〈宇宙英雄ローダン・シリーズ480〉ルーワーのパンカ=スクリンは、ロボットのライレの弱点をなんとか探りだそうとする!


>ローダンたちは惑星“グッキーの宿屋”でケモアウクの城の鍵を見つけた。これで七つの補完鍵がすべてそろったことになり、ライレの“目”と合体させれば、物質の泉の彼岸に到達できる。だが《バジス》に搭乗しているルーワーの泉のマスター、パンカ=スクリンは、種族の危機を回避するため、“目”を手にいれるべく画策していた。ライレの行動規範となる基本命令をさぐりだし、それを利用してライレを陥れようとするが!?

-------------------------------------------------
宇宙英雄ローダン・シリーズ[480]巻

 日本で発売されている小説では最長を誇るSF「宇宙英雄ローダン・シリーズ」の一冊です。

発売日 = 2014年9月10日(水)
サイクル= 第15サイクル「宇宙の城」


-------------------------------------------------
◇959話 ルーワーと”目”(マリアンネ・シドウ)(訳者:嶋田洋一)

 ルーワーの「泉のマスター」パンカ=スクリンは、ライレから「目」を奪い取るため策略を練り始めるが!?
−>

 「実現態は議論や疑念を許容しない」(P18)って……、単に視野狭窄じゃなないのこれ。実現態とはルーワーが高度な進化の末に会得した高度な思考方法かと思っていたのに……


-------------------------------------------------
◆960話 UFO血清(マリアンネ・シドウ)(訳者:嶋田洋一)

 銀河辺境で偶然にも「UFO」の基地が発見され!?

−>

 コスモクラートはテラナーを気にかけているらしい……、何故だ? あと、ティフラーはローダンたちがまだ《ソル》で宇宙のどこかをさ迷っていると思っているんだよね。


-------------------------------------------------

 前半後半ともまずまずのお話でした。



-------------------------------------------------
★表紙絵

 メインはロボット・ライレ。背景はルーワー(おそらくはパンカ=スクリン)の顔のアップ。


-------------------------------------------------
★あとがきにかえて

 担当は「嶋田洋一」氏。全1ページ。第53回日本SF大会「なつこん」に参加した話。


-------------------------------------------------
★予告

 次巻は481巻「黄金都市の監視者」(H・G・エーヴェルス)(2014年9月25日(木)発売予定)。


-------------------------------------------------
★おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm

-------------------------------------------------

UFO血清 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-480 宇宙英雄ローダン・シリーズ 480)

UFO血清 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-480 宇宙英雄ローダン・シリーズ 480)

-------------------------------------------------