読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:CGアニメ「サンダーバード ARE GO」第3話「スペース・レース」[先行放送](2015年8月22日(土)放送)


 CGアニメ「サンダーバード ARE GO」の感想です。
(※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください)

■THUNDERBIRDS ARE GO
http://thunderbirds-are-go.jp/

NHKアニメワールド サンダーバード ARE GO
http://www9.nhk.or.jp/anime/tag/

 NHK総合での視聴です(放送日:2015年8月22日(土) 18:10〜18:42)。

第3話 スペース・レース

■あらすじ

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-08-22&ch=21&eid=6644&f=3669
>世界的に大ヒットした名作「サンダーバード」が50年の時を経て帰ってきた!世界各地で起きる災害や事故に勇敢に立ち向かうインターナショナル・レスキューの活躍を描く!


>他の兄弟たちがレスキュー任務の中、アランは一人宇宙ゴミの回収作業をしていた。「つまらない任務」だと気分が乗らないアランだったが、回収したゴミの1つが動き出し、原因を突き止めるために近づいてみたところカウントダウンが始まった。実はゴミではなく、ステルス機雷だった。


>【声】浪川大輔,KENN,村瀬歩上田燿司清水理沙,岩崎ひろし,【監督】デビッド・スコット

 アランはサンダーバード3号で地球周辺の宇宙ゴミの回収をおこなっていたが、そのうち数十年前(2040年)の戦争で使用された「ステルス機雷」を発見する。機雷は作動を開始し、あと30分で爆発することが判明した。


 機雷の機能を停止させようにも、機雷をコントロールしていたネットワークは既に廃止され、停止コードが書かれている書類はスキャンが不十分でコードの最後の一桁が読み取れない。しかもオリジナルの書類は倉庫の奥深くにしまいこまれていた。ジョンはペネロープに資料探しを依頼する一方、アランには3号で機雷を引き付けさせる。


 アランが3号で逃げ回っている間に、パーカーたちが書類を求め倉庫に忍び込むが警備員につかまってしまう。爆発寸前になっても解除コードが解らないため、アランは適当にコードを入力しようとするが、最後の瞬間にペネロープが書類を手に入れ、その連絡で無事機雷を停止させることが出来た。



■感想

 うーむ。それなりに面白い内容だったし、ペネロープたちがトボケた方法で書類を手に入れる下りなど、オリジナル版の面白愉快なテイストを受け継いでいて、悪いという訳でも無いのですが……


 でも、「救助」してないよね? 救助隊が宇宙ゴミの掃除なんてしなくていいと思うんですけど。


 今まで多々有った「サンダーバードに影響を受けた作品」が総て苦しんできた『事故災害からの面白い救助シチュエーションが作り出せない』という状況に、この番組もはまり込んでいるのかなぁ。