読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:特撮「仮面ライダードライブ」第43話「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」(2015年8月23日(日)放送)


 特撮「仮面ライダードライブ」の感想です。
(※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください)

■公式サイト(テレビ朝日版)
http://www.tv-asahi.co.jp/drive/

■公式サイト(東映版)
http://www.toei.co.jp/tv/drive/index.html

 地上波・テレビ朝日系での視聴です(放送:毎週日曜 8:00〜8:30)。

第43話 第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか


■あらすじ

 警察の装備も強化され、ついに進化前のロイミュードならば倒すことができるようになっていた。警察が倒したロイミュード066の所持品からはテロの可能性が推測され、追田たちは捜査を始める。一方、進ノ介はチェイスに霧子への気持ちを問われ、自分が霧子を好きだと自覚して動揺する。


 ロイミュード陣営では、蛮野/ゴルドドライブが主導権を握りつつあった。進ノ介たちは、蛮野たちがブレンを追い回しているのを知り、蛮野が超進化態四体による再度のグローバルフリーズを目論んでいると見当をつける。超進化態が四体揃えば、全世界規模のグローバルフリーズが発生する可能性があった。


 進ノ介はブレンを追っていたゴルドドライブと対峙し、ロイミュード004がクリムの姿をコピーしていることを知る。実はクリムがロイミュード001,002,003に襲撃された時、004も居合わせており、クリムが死ぬ前に姿や能力をコピーしていた。蛮野がゴルドドライブを完成できたのは、004の知識があったからだった。


 ドライブがゴルドドライブに攻撃を仕掛けると、ハートが盾になってかばう。ハートはメディックのため、蛮野の言いなりになっていた。そして爆風で霧子が吹き飛んでしまう。続く。

脚本 三条陸


●今回のゲスト怪人=なし


■感想

 進ノ介とチェイスの恋愛コメディでいきなりつかみはバッチリみたいな。このクライマックスの時期にこういうコミカル調の話を持ってくるとはなかなか。


 ああ、あの黒クリムは004だったと。これって映画版のネタバレ?