読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」第8話「向き合う勇気」


 アニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」(全13話)の感想です。
(※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください)

■TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」公式サイト
http://www.symphogear-gx.com/

 BS11での視聴です。

第8話 『EPISODE 8 向き合う勇気』

■あらすじ

 響は失踪して行方不明だった父親と話し合いを持つことになった。しかし無神経にもう一度家族とやり直したいという父親に情けなさしか感じず、そのまま席を立ってしまう。


 やがてミカが都市の地下共同溝に侵入していることが判明し、響・切歌・調は戦闘を開始するが、精神的に動揺している響と、イグナイトが使えない切歌・調はミカに蹴散らされてしまった。響は負傷して戦線離脱となり、無事たった切歌と調も仲たがいしてしまう。


 やがてミカが再度出現し、切歌と調を襲ってきた。不和の続く二人は苦戦するが、戦いの中で互いの誤解を解き、理解しあったことで心の乱れが無くなり、イグナイトモジュールを使ってミカを倒すことに成功した。


 一方、オートスコアラーたちの本拠では、死んだはずのキャロルが復活していた。

■感想

 今回はビッキーの家庭内不和編、と見せかけて、実は切歌・調回でした。しかし最近影の薄い仲良しコンビを無理やり(?)中心にすえようとしたせいか、突然仲たがいして突然仲直りする、というイマイチ納得のいかない話だったという気がいたします。

★おまけ

 レイアの妹が超巨大ロボだったという設定に、思わず「これ『バトルフィーバーJ』やんけ……」とつぶやいてしまった……(※戦隊物の「バトルフィーバーJ」の敵は、等身大の怪人と、怪人に姿かたちがそっくりでサイズは巨大ロボな『弟』がいます)。