読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:WEBコミック「キン肉マン」第153話「すべてを知る者の出現!!の巻」

コミック


キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)

関連サイト→ 週刊プレイボーイ
【※以下ネタバレ】


第153話 すべてを知る者の出現!!の巻 (2015年12月14日(月)更新)

■あらすじ

完璧・拾式(パーフェクト・テンス)、サイコマンvsブロッケンJr.の一戦を残すのみとなった、許されざる世界樹(アンフォーギブン・ユグドラシル)決戦!ブロッケンJr.は、地道に鍛え続けてきた握力で、サイコマンの「巨握の掌(きょあくのて)」に対抗。さらにサイコマンの秘奥義「サンダーサーベル」をも、伝家の宝刀「ベルリンの赤い雨」で粉砕。ついに自分のファイティングスタイルを確立する!だが、あと一歩まで追いつめたところでとうとう巨握の掌の餌食(えじき)に…。両手の骨を砕かれた上、スピア・ドレスの猛攻を喰らってしまい--!?

http://wpb.shueisha.co.jp/comic_novel/

 サイフォンリング4F「プロッケンJr. VS “完璧・拾式(パーフェクト・テンス)”サイコマン」戦。

 サイコマンはプロッケンJr.を“完幻”ファントム・キャノンで完全にKOするが、息の根を止めるため「完璧・拾式」としての奥義を出すという。またサイコマンは、実は正義超人は完璧超人のために戦う尖兵だったと言い出す。

 その昔、ゴールドマン(悪魔将軍)が完璧超人たちの元を離れ、独自の道へと進んだ際、超人閻魔とサイコマンは説得のためシルバーマンを送り出した。しかしゴールドマンはそれに応じなかったため、シルバーマンはゴールドマン配下の悪魔超人と対抗するために、正義超人を育てた。サイコマンによれば、正義超人は自ら意識せずに完璧超人の為に働いていたのだという。

 サイコマンは奥義でプロッケンJr.にとどめを刺そうとするが、そこにシルバーマンが現われ止めに入る。



攻防
サイコマン:“完幻”ファントム・キャノン(ドレスの中に相手を巻き込んだあと、弾丸の様に打ち出して地面に叩きつける)

キン肉マン 39 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 39 (ジャンプコミックス)


■感想

 所詮プロッケンJr.はこの程度の扱いでしかなかったか……


■[参考]対戦カード/結果

1F ○バッファローマン(ハリケーン・ギガブラスター)ד完璧・漆式(パーフェクト・セブンス)”ガンマン
2F ○ネメシス(マッスル・スパーク)×ラーメンマン
3F ○テリーマン(試合放棄)ד完璧・陸式(パーフェクト・シックス)”ジャスティスマン
4F ・プロッケンJr. VS “完璧・拾式(パーフェクト・テンス)”サイコマン


■[参考]完璧超人始祖の一覧

00 “完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)”   ザ・マン/超人閻魔
01 “完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)”ゴールドマン/悪魔将軍[天のダンベル]
02 “完璧・弐式(パーフェクト・セカンド)” シルバーマン/銀のマスク[地のダンベル]
03 “完璧・参式(パーフェクト・サード)”  ミラージュマン(死亡)[氷のダンベル]
04 “完璧・肆式(パーフェクト・フォース)” アビスマン(死亡)[焔のダンベル]
05 “完璧・伍式(パーフェクト・フィフス)” ペインマン(死亡)[風のダンベル]
06 “完璧・陸式(パーフェクト・シックス)” ジャスティスマン[光のダンベル]
07 “完璧・漆式(パーフェクト・セブンス)” ガンマン(死亡)[土のダンベル]
08 “完璧・捌式(パーフェクト・エイス)”  シングマン(死亡)[星のダンベル]
09 “完璧・玖式(パーフェクト・ナインス)” カラスマン(死亡)[闇のダンベル]
10 “完璧・拾式(パーフェクト・テンス)”  サイコマン



キン肉マン 40 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 40 (ジャンプコミックス)