読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:NHK番組「プレミアムドラマ ドラえもん、母になる 〜大山のぶ代物語〜」


関連サイト→ プレミアムドラマ ドラえもん、母になる 〜大山のぶ代物語〜 - NHK

放送 NHK BSプレミアム(放送日:2015年12月13日(日) 22:00〜23:00)。
【※以下ネタバレ】


■番組内容

世界中で愛されている人気者・ドラえもん。初期のドラえもんは一人称が「おれ」であったり、のび太君に乱暴をしたり…。現在の姿とはかけ離れていた。みんなが知っている強く優しいドラえもんの誕生には、その声を26年間に渡って担当した大山のぶ代さんの並々ならぬ思いがあった。ドラえもんを通して、子どもたちに夢と勇気を与えようとしたのぶ代さん。ドラえもんと、夫と、声優仲間たちと歩んだ26年間の笑いと涙の物語。


【出演】鈴木砂羽,豊原功補,田中美里,猫背椿,池田鉄洋,鈴木拓,小川直也,小原乃梨子,野村道子,肝付兼太,砂川啓介

http://www4.nhk.or.jp/P3757/3/

 再現ドラマと関係者へのインタビューを交互に放送する構成。ナレーションがのび太役だった小原乃梨子氏。

ドラマパート

 大山のぶ代認知症のニュースから入り、1978年に大山のぶ代ドラえもんの声のオファーを受けるところからドラマスタート。最初は各人物の性格とかの設定が固まっていなかったため、アフレコ現場で声優たちが台本を見て、それぞれ台詞をこう直したほうがいいという提案をして、スタッフがそれを反映する、という状態だった。

 そのうち、大山のぶ代が「子供が見ている番組だから、悪い影響を与えないように、キャラの言葉遣いを綺麗なものにしたい」と提案。例えばしずかは最初のび太に「アンタ」と呼びかけていたが、それを女の子らしく「のび太さん」に改めたり、ジャイアンが「バカヤロー」とか言っていたのを止めたりした。

 その合間に、若い頃は声が変だといわれて悩んでいたとか、子供を二人を亡くした話(一人目流産、二人目三ヶ月で病死)とか、夫の砂川啓介が浮気した話とか。

 2001年に病気で手術したのを契機に、「もし自分が何か有ったらドラえもんファンの夢が壊れる」と考え引退を決意、2005年にオリジナルメンバーが揃って引退。


対談・インタビューパート

 声優仲間の、小原乃梨子のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネオ)とアニメ会社のプロデューサーが集まって、当時の思い出を対談。また夫の砂川啓介に私生活の事をインタビュー。


■感想

 アニメの話だけかと思っていたら、流産して子供を亡くす話とか、旦那が浮気する話とか、旦那が周囲にドラえもんのサインもらってきてくれと言われて嫌そうな顔をするとか、結構生々しいドラマで驚いたのですが、基本的には泣かせ系で、ところどころで泣いちゃいました。

 故たてかべ和也氏役を演じた俳優がガタイが良いなぁ、と思っていたら、スタッフロールを見て、ようやく小川直也(元柔道家の格闘家・プロレスラー)だと気が付いてビックリでした。