読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」第11話:輝子の正体(?)に大爆笑

アニメ


関連サイト→ TVアニメ「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」公式サイト
放送 BS11。全13話。
【※以下ネタバレ】

第11話 正義/自由/平和

■あらすじ

 神化43年6月。帝都広告が爾朗に接近してきた。爾朗は帝都広告が過去に超人がらみで色々画策した事を知っており、警戒するが、帝都広告側は超人にネガティブな感情はないという。ただしそれは「超人=人が進化した物」という考えであり、宇宙人だのロボットだのまで超人に含める考えはないらしい。


 同じ頃、横須賀にアメリカの最新潜水艦が寄港するが、謎の超人「怪剣クロード」が現れ、潜水艦を切断する。実はこの潜水艦は超人を機械部品代わりに使用する非人道的な物だった。クロードは柴来人を蹴散らして逃亡した。


 神化43年8月。輝子は電話で呼び出されクロードに会いに行くが、そこでクロードが大虐殺を行なっているところに出くわす。輝子は突然大人モードに変身し、クロードが自分の知っている人間だと知る。


脚本:會川昇



■感想

 めんどくさくなってきたなぁ。興味がある作品なら、自分で年表を作ったりとか考察とかしたくなりますが、このアニメの場合ただひたすらややこしいと思うのみでねぇ。

 ラスト、輝子が悪の組織のお色気担当大幹部みたいな姿になるのに笑ったわ。



 今回のレトロネタは(推測ですが)以下かなぁと。


◆怪剣クロード

 名前とマスクは「怪傑ズバット」? ドクロのマスクは「スカルマン」?


◆輝子の女王モード

 電子戦隊デンジマンのへドリアン女王じゃないかと。



コミック