読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「キャプテンフューチャー」第5話「SOS1億年前」

アニメ

コロムビア・サウンド・アーカイブス キャプテンフューチャー オリジナル・サウント・トラック-完全盤-

●伝説のSFアニメーション 「キャプテンフューチャー」特別番組 | アニマックス
http://www.animax.co.jp/programs/NN10002001
米国のSF作家エドモンド・ハミルトンによるスペースオペラ小説の金字塔『キャプテンフューチャー』を原作に持つ、NHKとしては『未来少年コナン』に続くTVアニメーションシリーズ。


原作の魅力である個性豊かなキャラクターたち、センス・オブ・ワンダーなメカニックやストーリーを、当時のSF的未来観も取り込みながら魅力的なビジュアルと骨太のアクションで描いた本作は、いまなお国内外で高い評価を受けている。再放送の機会も少ない“幻の作品”、2016年9月待望のBlu-Rayによる初パッケージ化にともない、今回特別に発売直前に、第1話~第8話までを特別放送!「幻のスペースオペラキャプテンフューチャー」にご期待ください。

放送 アニマックス。2016年9月24日(土)深夜放送。

【※以下ネタバレ】

第5話  SOS1億年前 (「時のロスト・ワールド」より)

 

あらすじ

 キャプテンフューチャーたちは、小惑星帯でコメット号の飛行訓練をしていたところ、突然奇妙な通信を受信した。それは太陽系第五惑星「カタイン」の科学者「ダルムール」が、未来に向けて送った救難通信だった。小惑星帯は、太古存在した惑星が破壊された残骸だと推測されていたが、カタインこそかつて存在していた惑星だった。

 フューチャーはその通信を無視することが出来ず、以前から研究していたタイムエンジンをコメット号に取り付け、通信が送られてきた一億年前に向かうことを決意する。そしてジョーンに別れを告げると、遥かな過去へと旅立った。コメット号は無事一億年前に到着するが、予想外の彗星に衝突されてタイムエンジンが破壊され、コメット号は太古の地球に不時着してしまう。

 フューチャーたちは、コメット号修理のための鉱物を求めて探索を始めるが、なんとこの時代にはいるはずのない人間の女性が恐竜に襲われているところに出くわし、彼女を助ける。さらにコメット号の前には宇宙船の大群が姿を見せるのだった。続く。


感想

 「時のロスト・ワールド」編スタート。タイムマシンを開発するというだけでもとんでもないことなのに、さらに一億年前に人間を送り込むという、国家プロジェクト並みの事を個人レベルで簡単に実現してしまう、この無造作さがまさに「キャプテンフューチャー」の世界でしびれます。「2年前にタイムマシンで動物実験をしたことがあっただろ?」とか簡単に言ってしまうカーティスはまさに銀河系最大の科学者です。

 「宇宙帝王」編と違って、こっちの話は展開を思いっきり忘却しているので先が楽しみですぅ。


キャプテンフューチャー」の他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のリンクからどうぞ

perry-r.hatenablog.com


時のロスト・ワールド (1972年) (ハヤカワSF文庫)
透明惑星危機一髪!/時のロスト・ワールド <キャプテン・フューチャー全集4> (創元SF文庫)