読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「キャプテンフューチャー」第6話「聖なる星クウムの謎」

アニメ

コロムビア・サウンド・アーカイブス キャプテンフューチャー オリジナル・サウント・トラック-完全盤-

●伝説のSFアニメーション 「キャプテンフューチャー」特別番組 | アニマックス
http://www.animax.co.jp/programs/NN10002001
米国のSF作家エドモンド・ハミルトンによるスペースオペラ小説の金字塔『キャプテンフューチャー』を原作に持つ、NHKとしては『未来少年コナン』に続くTVアニメーションシリーズ。


原作の魅力である個性豊かなキャラクターたち、センス・オブ・ワンダーなメカニックやストーリーを、当時のSF的未来観も取り込みながら魅力的なビジュアルと骨太のアクションで描いた本作は、いまなお国内外で高い評価を受けている。再放送の機会も少ない“幻の作品”、2016年9月待望のBlu-Rayによる初パッケージ化にともない、今回特別に発売直前に、第1話~第8話までを特別放送!「幻のスペースオペラキャプテンフューチャー」にご期待ください。

放送 アニマックス。2016年9月24日(土)深夜放送。

【※以下ネタバレ】

第6話  聖なる星クウムの謎 (「時のロスト・ワールド」より)

 

あらすじ

 謎の宇宙船団はそのまま飛び去った。キャプテンフューチャーたちは、出会った女性「アハラ」の村に向かった。アハラたちは原始的な生活を送り、また、はくちょう座のデネブを「聖なる星クウム」として崇めていた。フューチャーたちはアハラたちの種族の使う「祭壇」が、破壊された宇宙船であることを知る。おそらくアハラたちの祖先は宇宙船でクウムから地球ににやってきたが、火山弾で宇宙船を破壊され、地球に住まざるを得なくなり、長い間に過去の事を忘れ果ててしまっていたに違いなかった。フューチャーたちは、宇宙船から部品を取り外し、コメット号を修理した。

 そんなある日、近くに宇宙船が着陸し、オットーは乗員がカタイン人だと思って声をかけるが、アマラと共に有無を言わさず捕まってしまう。彼らは火星人で、二人を火星まで拉致してしまった。火星の牢で、オットーたちはカタイン人ジュルンと出会うが、ジュルンは科学者ダルムールの息子だった。カタインは木星に近づきすぎて「ロシュの限界」という距離を越え、崩壊する運命にあった。ところがカタインの強硬派は、種族が生き延びるため、火星を侵略して移住するという計画を立てていた。ジュルンは和平を話に火星に来たものの、問答無用で牢に入れられたという次第だった。

 オットーは助けを呼ぶため牢を脱出するが、何故かアマラが託してくれた指輪が火星の施設の扉を開いたので驚く。やがてフューチャーたちがコメット号で火星に到着し、オットーたちは救出された。コメット号は改めてカタインを目指した。


感想

 原作も読んでアニメも見ているのに、完璧に話を忘れていて「こういう展開か」と新鮮な気分で視聴しています。それにしても一億年前の火星人とかカタイン人とホイホイ言葉が通じるのは何故なのかしらん。


時のロスト・ワールド (1972年) (ハヤカワSF文庫)
透明惑星危機一髪!/時のロスト・ワールド <キャプテン・フューチャー全集4> (創元SF文庫)