読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ(新番組)「うどんの国の金色毛鞠」第1話「ぶっかけうどん」

アニメ

うどんの国の金色毛鞠 オリジナル・サウンドトラック

TVアニメ「うどんの国の金色毛鞠」公式サイト http://www.udonnokuni-anime.jp/
放送 BS日テレ

【※以下ネタバレ】
 

俵宗太30歳。故郷に戻って出会ったのは、うどんとかえるが大好きで耳としっぽがある不思議な子ども…!?
俵宗太は、東京在住のウェブデザイナー父親の死をきっかけに故郷に帰った宗太は実家のうどん屋で、釜の中で眠りこける子どもを見つける。
一見ふつうの人間の子どものように見えるが、実はその子は人間の姿に化けたタヌキだった!?
ゆったりと時間が流れる通称“うどん県”こと香川県を舞台に、ちょっと不器用なふたりのあたたかい共同生活が始まる――。

 

第1話 ぶっかけうどん

 

あらすじ

 東京でWEBデザイナーとして働いている俵宗太は、香川県でうどん屋を営んでいた父親が亡くなったことから、荷物整理の為に実家に帰ってくる。そこで宗太は留守の間に家にいついていたらしい子供を見つけ、迷子だと思ってとりあえず面倒を見る。ところがその子供は実はタヌキが人間に変身した姿だった。


感想

 評価はまあ○。


 とりあえず毒にも薬にもならないタイプ。ふんわかした空気で人情物的な話が展開するものと思われます。まあ、こういうタイプは嫌いではないですよ(思いっきり食いつくほどでもありませんが)。さしあたり数回見て雰囲気を確認していくつもりです。

 とりあえず、我らが小林ゆう画伯のキャスティングが「カエル役」(ゲロゲロ言っているだけ)というのと、香川出身の要潤が唐突に次回予告を始めたのには笑った。



うどんの国の金色毛鞠 2巻

制作会社
ライデンフィルム


スタッフ情報
【原作】篠丸のどかうどんの国の金色毛鞠」(「月刊コミック@バンチ」新潮社刊)
【監督】宅野誠起
【助監督】臼井文明
【シリーズ構成】高橋ナツコ
【キャラクターデザイン】伊藤依織子
総作画監督】伊藤依織子
【美術設定】イノセユキエ
美術監督】合六弘
色彩設計】小野寺笑子
【撮影監督】後藤晴香
【編集】吉武将人
【音響監督】鶴岡陽太
【音楽】橋本由香利



音楽
【OP】WEAVER「S.O.S.」
【ED】GOODWARP「Sweet Darwin
【挿入歌】ガオガオ☆星団(黒田崇矢牧野由依古城門志帆)「ガオガオちゃん体操」



キャスト
俵宗太:中村悠一
ポコ:古城門志帆
中島忍:杉田智和
大石凛子:中原麻衣
藤山俊亮:福山潤
藤山紗枝:花澤香菜
浜田吾郎:黒田崇矢
永妻宏司:立花慎之介
冴木学:鳥海浩輔
冴木雪枝:嶋村侑
喜岡ふみ:くじら
田中(真鍋)舞:皆口裕子
田中のぞみ:本渡楓
宗太の父:中博史
宗太の母:井上喜久子
中島の母:木村亜希子
カエル:小林ゆう
ガオガオちゃん:黒田崇矢
ミミ:牧野由依
モモ:古城門志帆
次回予告:要潤