読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「黒いモノリス」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 530巻)(2016年10月6日(木)発売)

ペリー・ローダン


黒いモノリス (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-530 宇宙英雄ローダン・シリーズ 530)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120927
黒いモノリス (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-530 宇宙英雄ローダン・シリーズ 530) 文庫 2016/10/6
クルト・マール (著), クラーク・ダールトン (著), 工藤 稜 (イラスト), 増田久美子 (翻訳)


ローダン一行は、アンモニア湖のそばにある謎にみちた黒いモノリスの調査を開始した!


ペリー・ローダン重巡ダン・ピコット》に乗り、深淵の騎士の先駆的存在ポルレイターがひそむとされる球状星団M-3にやってきた。ところが、かくれ場の座標で発見した水素惑星EMシェンには、奇怪な原住生物のEM海綿がいて調査活動もままならない。ローダン一行は、なんとかEM海綿をしりぞけ、謎のインパルスを発している黒いモノリスと、あたかも生きているようにふるまうアンモニアの湖の調査を開始した!

【※以下ネタバレ】



◆1059話 黒いモノリス(クルト・マール)(訳者:増田久美子)

 ローダンたちは惑星EMシェンに基地を設営し、「風化しない黒いモノリス」と「生きているようなアンモニアの湖」の調査を開始した。しかし現住生物の攻撃にあい、成果も無いまま撤退を余儀なくされてしまった。(時期:不明。NGZ425年5月頃?)



◇1060話 火山惑星(クラーク・ダールトン)(訳者:増田久美子)

 テラナーは、ポルレイターの手がかりを探すため、新しく発見した惑星『ヴァルカン』に調査隊を送った。しかし、ヴァルカン地表の火山がEMシェンの黒いモノリスと何らかの関係があるらしいと解っただけだった。(時期:不明。NGZ425年5月頃?)