読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「物質暗示者」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 531巻)(2016年10月21日(金)発売)

ペリー・ローダン


物質暗示者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-531 宇宙英雄ローダン・シリーズ 531)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120935
物質暗示者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-531 宇宙英雄ローダン・シリーズ 531) 文庫 2016/10/21
H・G・エーヴェルス (著), 工藤 稜 (イラスト), 赤根洋子 (翻訳)


超越知性体セト=アポフィスの命令をうけることになったダルゲーテン二体の使命とは?


超越知性体“それ”とセト=アポフィスの勢力圏のあいだにある緩衝地帯リンボでは、平和的種族ダルゲーテンが友好諸種族による四十四大文明連合を設立していた。ダルゲーテンは特殊な感覚器によって素粒子を探知するが、なかでも有能な者は素粒子を暗示によって変化させることができ、物質暗示者と呼ばれる。ダルゲーテンの若者サグス=レトとケルマ=ジョンはその能力を買われて、物質暗示者になる訓練をうけはじめたが!?


発売日 = 2016年10月21日(金)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」


【※以下ネタバレ】

内容

◆1061話 物質暗示者(H・G・エーヴェルス)(訳者:赤根洋子)

 「ダルゲーテン」種族は素粒子を見る能力を持ち、その中でも一握りの『物質暗示者』はさらに素粒子を操作し物質を自由に変化させる能力があった。ある日、二人の若者が物質暗示者として覚醒したが!?


 巨大なめくじ種族ダルゲーテンが主人公のお話ですが、とにかく水増しする気満々のエピソードで困りました。種族の過去の歴史とか、本筋と何の関係もないですよね? あと、シスカ・タオミン少年って誰ですか? しかし、ローダンの世界で「素粒子」「クォーク」とか、陽子や中性子に働く力「グルーオン」といった用語が出てくるとは思いませんでした。最初のころは金星に恐竜が住んでいる、とかいう世界観だったのに。まあこの話が出たのが1981年ですから、グルーオンもそれなりに普及した用語だったのでしょう。



◇1062話 ポルレイターの基地(H・G・エーヴェルス)(訳者:赤根洋子)

 セト=アポフィスの影響下にあるダルゲーテン二人は、ポルレイターを探すため、銀河系のM-3球状星団に突入するが!?


 エーヴェルス先生のダルゲーテン話の続き。めちゃくちゃかったるくて寝そうになりました。ほんと勘弁してください。



 前半・後半とも、とにかく退屈で退屈で……


表紙絵

 メインはシミュレーションで作られたダルゲーテン種族。後ろにいるのがレジナルド・ブルとシスカ・タオミン少年、


あとがきにかえて

 担当は「赤根洋子」氏。全1ページ。この本の翻訳の前に「科学の発見」(文藝春秋社)という科学用語満載の本を翻訳していたので、今回の話の内容に驚いた、という話。


次巻予告

 次巻は532巻「細胞活性装置の危機」(デトレフ・G・ヴィンター&クラーク・ダールトン)(2016年11月9日(水)発売予定)。


おまけ

 関連サイトはこちら。

ペリー・ローダンへの道
http://archduke.la.coocan.jp/PRSindex.htm