読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:NHK番組「シリーズ 深読み読書会」『横溝正史の大ベストセラー!“犬神家の一族”』

推理

犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

シリーズ 深読み読書会 http://www4.nhk.or.jp/P4207/
放送 NHK BSプレミアム

【※以下ネタバレ】
 

横溝正史の大ベストセラー!“犬神家の一族” (2016年11月18日(金) 22:00~23:00放送)

 

内容

横溝正史の大ベストセラー!“犬神家の一族”」


日本ならではの“本格探偵小説”を開拓した横溝正史。その最大のベストセラー「犬神家の一族」は何がスゴイのか?さまざまなジャンルの“文学探偵”たちが徹底的に読み解く


必読の作家・作品の魅力に迫る文学エンターテインメント。今回は、日本ならではの本格探偵小説を開拓した横溝正史の代表作「犬神家の一族」。信州の新興財閥の遺産継承問題に、複雑な姻戚関係、戦争による出征・復員が絡み合い、前代未聞のトリックが展開する!安藤裕子(歌手・女優)や綾辻行人(ミステリー作家)など“文学探偵”たちが“秘密の読書会”を開催して徹底分析。横溝ミステリーを“戦後文学の傑作”として読み込む。

【出演】安藤裕子,綾辻行人,道尾秀介,関川夏央,橋本麻里,【語り】角田誠

 あの「スケキヨ」で有名な推理小説について著名人のゲストたちが語りあう番組。

 豊富にイラストを用いてストーリーを紹介しつつ、合間合間にゲストたちが原作の魅力や特筆すべき点etcを語り合うという構成。

・犬神家には現実のモデルがあった
横溝正史はトリックより先に人物設定を考えてから書いた
・犬神家の「三種の神器」は天皇家をモチーフにしている?
・戦後直後「復員兵」については見て見ぬふりが当たり前だった時代に堂々と傷病兵を扱っている。戦争嫌いだった横溝正史なりの復讐?
・犬神家の人間関係には「源氏物語」を連想させるものがある

など。

 なお、ストーリー紹介は「誰が殺されるか、犯人は誰か、結末はどうなるか」を完全解説。


感想

 今年の一月に「シリーズ・Jミステリーはここから始まった!」と題して、


第1回「松本清張ゼロの焦点”」
perry-r.hatenablog.com

第2回「横溝正史八つ墓村”」
perry-r.hatenablog.com

の二作品をテーマにした番組が放送されたのですが、事実上それの続編でした。推理作家の綾辻行人道尾秀介が集まって作品についていろいろ語り合う、イラスト満載でストーリーを説明する、という構成がそのままでしたから。イラストを描いた人も第二回の「八つ墓村」の人と同じでしたので、うれしくなりましたね。

 「Jミステリー~」では、何の断りもなくストーリーを最後まできっちり説明するというとんでもないことをやらかしていて、結構衝撃的でしたが、さすがに視聴者からお叱りを受けたのか、今回はストーリーパート冒頭に「ネタバレしてます」とちゃんと断っていました。うん、当然だわな。

 犬神家に源氏物語との類似点を見出すなど、視点が面白く、Jミステリーの回同様に結構面白く視聴できました。