読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末発売の「ライトノベル・フロントライン3」という本で広崎悠意氏と妖獣戦記シリーズが扱われる、らしい

デジタルゲーム

ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ!

ライトノベル・フロントライン3 | 青弓社
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-9242-1
小特集 メディアミックスの現在

 パソコンゲーム
  美少女ゲームライトノベルの関係性とその歴史――『妖獣戦記』シリーズと広崎悠意の動向を中心に 吉田正高
   1 D.O.ブランドの確立と広崎の功績
   2 『妖獣戦記』シリーズと小説『妖獣世紀アウローラ』
   3 ライトノベル高機動幻想ガンパレード・マーチ』の執筆へ

 
 うっはー、これは気になる内容です。広崎悠意氏といえば原画も描いてシナリオも書いての大回転で、1990年代頃のD.O.の顔的だった人です(※あくまで個人の感想であり異論は認める)。そして、さらに妖獣戦記とくれば美女戦士たちがチームを組んでグロモンスターと戦うというシチュエーションでもうたまらん!って作品でしたしね。のちに別の人の原画でリメイクされたのですが、「広崎絵じゃない妖獣戦記なんて認めねー!」って気持ちでした。

 ライトノベル美少女ゲーム(いわゆるエロゲ、です)と結びつけるのは、エロゲシナリオ書きがラノベライターにどんどん転向した歴史を見ると、別に珍しくもない視点。しかしここで、Keyとかリーフとかフロントウイングとかあのあたりでなく、妖獣戦記を持ち出してきた、というのが斬新すぎる。これは内容知りたいぜぇ。


※妖獣戦記の小説
妖獣戦記―砂塵(すな)の黙示録 (BESTゲームノベルスSERIES)