読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「ブレイブウィッチーズ」第11話「やってみなくちゃわからない」

ブレイブウィッチーズ 2017年 カレンダー 壁掛け A2

アニメ「ブレイブウィッチーズ」公式サイト http://w-witch.jp/
放送 BS11

【※以下ネタバレ】
 

第11話 やってみなくちゃわからない

 

あらすじ

 ひかりは孝美との勝負に負けたため、スオムスに転属となり、出迎えたサーニャとエイラと共に列車移動を始める。

 一方、502の隊員たちは迫りくるグリゴーリを迎撃するフレイアー作戦に出撃した。グリゴーリの正体は雲に覆われた巨大なネウロイであり、作戦はネウロイのコアに口径80センチの巨大戦車砲ドーラとグスタフで魔力を込めた弾丸を打ち込み破壊する、というものだった。ところが、孝美の魔眼によりコアの位置は特定されたものの、ドーラが破壊され、グスタフも発射準備が整わず、グリゴーリを取り逃しそうになる。孝美は他のウィッチの協力を得て弾丸を持ち上げ、人力でコアまで運んで命中させ、破壊に成功した。

 しかし、次の瞬間、消滅したはずのコアが再生し、ネウロイは復活してしまう。このネウロイも、コアの内部にさらに真のコアを持ち、真のコアを破壊しない限り倒せないタイプだった。しかも孝美の魔眼でも真のコアの位置が特定できず手の打ちようがなかった。

 ひかりは無線機で戦況を聞いていて、いてもたってもいられず列車から飛び降りる。続く。


感想

 最終決戦前編。正直言って今までの話で502の各キャラのキャラ立てを殆ど行えていないので、キャラへの思い入れはほぼ無く、「なんだかよく知らない女の子たちが決戦に挑む話」でしかありませんでしたね。

 しかし、唯一キャラ立てに成功していて、さらに登場キャラの中で一番美人で、つまり私にとっての正ヒロインである孝美が大活躍するので、それだけで大いに満足でした。あと、大量の大砲の一斉発射とか、記号的な戦闘シーンをちりばめると、今までの経緯はともあれ、それなりにラストバトルっぽい空気は漂ってましたしね。

 次回の最終回は、ひかりの接触魔眼が孝美の魔眼より勝って、

ひかり「私、お姉ちゃんを超えたよ」
孝美「よくやったわね、ひかり」

みたいなシーンが展開されるのでしょう。あんまり凄さは感じないにしても、そこそこのところには落ち着きそうです。


おまけ

 今回の話を見ていると大鉄人17を思い出して仕方なかったなぁ。なんといってもグスタフ砲が出てくるわけですし、おまけに敵のラスボスを吹き飛ばしても瞬時に再生してしまった、というシチュエーションがミスター・ブレインそのまんまですし。


TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」オープニング・テーマ「アシタノツバサ」【通常盤】
TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」エンディング・テーマ コレクション【DVD付き限定盤】