読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「テラナー抹殺指令」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 535巻)(2016年12月20日(火)発売)

ペリー・ローダン

テラナー抹殺指令 (宇宙英雄ローダン・シリーズ535)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150121060
テラナー抹殺指令 (宇宙英雄ローダン・シリーズ535) 文庫 2016/12/20
H・G・エーヴェルス (著), ウィリアム・フォルツ (著), 小津 薫 (翻訳)


ダルゲーテンふたりは超越知性体セト=アポフィスのローダン抹殺の指示に反抗するが!?


ダルゲーテンのサグス=レトとケルマ=ジョは、その物質暗示者としての能力を利用しようとたくらむセト=アポフィスに支配され、工作員にされてしまった。エビ形アンドロイドにはいりこみ、テラナーを相手にさまざまな妨害工作を働いたのち、球状星団M‐3の惑星インパルス2にふたたびもどってくる。生命の宿る巨木を撃って倒せとセト=アポフィスに命令されたためだったが、二名はその命令に疑問を感じはじめていた!

 
【※以下ネタバレ】

  
◆1069話 テラナー抹殺指令(H・G・エーヴェルス)(訳者:小津 薫)

 ローダンたちはポルレイターの手掛かりを求め、再度M-3球状星団の惑星インパルスIIを訪問した。インパルスIIにいたダルゲーテンは、セト=アポフィスからテラナーを攻撃するように命令されるが、二体はセト=アポフィスに疑いを持ち始め、それを拒否した。テラナーはコンタクトしてきたダルゲーテンを保護した。(時期:不明。NGZ425年6月頃?)



◇1070話 物質の虜囚(ウィリアム・フォルツ)(訳者:小津 薫)

 200万年前。コスモクラートに仕えていた種族ポルレイターは、進化の壁に突き当たり、さらに種族全員の肉体が異変に見舞われていた。ポルレイターは仕方なくM-3球状星団に隠遁し、超越知性体への進化の道を探すため、肉体を捨てて精神だけで岩などの自然物と一体化する事を選択した。本来なら自由に自然物から離れ、エビ型アンドロイドに乗り移れるはずだったが、ポルレイターの精神は想像以上に弱体化しており、彼らの精神は自然物から離れられなくなってしまった。

 現在。ローダンたちは惑星『クラタウ』で謎めいたクリスタルを発見し、その中にポルレイターの精神が宿っていることを知った。ダルゲーテンによってポルレイターの精神はエビ型アンドロイドの中に移動に成功し、テラナーはポルレイターの過去を知らされた。(時期:NGZ425年7月15日~)