感想:NHK番組「シリーズ・Jミステリーはここから始まった!」第1回「松本清張“ゼロの焦点”」

ゼロの焦点 (新潮文庫)

シリーズ・Jミステリーはここから始まった! http://www4.nhk.or.jp/P3868/
放送 NHK BSプレミアム

【※以下ネタバレ】
 

日本独自の発展を遂げてきたJミステリー。その源流を作った2人の巨人、松本清張横溝正史の代表作を、テキストにこだわって読み解く読書会シリーズ。

 
※他の回の感想→第2回 横溝正史“八つ墓村”
 

第1回 松本清張ゼロの焦点” (2016年1月21日(木) 22:00〜23:00)

 

■内容

第1回「松本清張ゼロの焦点”」


文学作品をテキストにこだわって読み解く「読書会」シリーズ。今回は松本清張の「ゼロの焦点」。サスペンスの王道“断崖シーン”はこの物語から始まった。戦後日本の闇を背景にした“社会派小説”で、大ベストセラーになった松本清張の代表作だ。でも読み込んでみると、かなり変わった推理小説。事件がなかなか起こらない、女性目線で語り、女性が大活躍する、結婚こそが謎?と、実は硬派で軟派な物語を徹底的に読み解く。


【ゲスト】笠井潔,小森陽一,中村文則,橋本麻里,華恵

 巨匠の推理小説についてゲストが語りあうシリーズ物(全2回)。今回の内容は大きく分けて二つ。一つは、「ゼロの焦点」の内容を豊富なイラストと映像を使いながら説明していくパート。もう一つは、華恵が司会役となり、他のゲスト(笠井潔小森陽一中村文則、橋本麻里)と共に、作品を読み解いていくパート。ちなみに途中誰が殺されて、真犯人は誰で、どういう動機でどういうトリックか、ということを根こそぎばらしています。


■感想

 いや〜、この番組凄いわ。何が凄いかって、事前の断りもなしに、推理小説の犯人からトリックから全部バラシちゃうこと(笑) 私、この小説はまだ読んだことが無かったのですけど、警告もなしに思いっきりネタバレしてくれちゃって、どうしてくれるんですか(笑) てっきり中盤までは紹介するものの、真犯人とかは「あの人」とか「あんな動機」とかぼやかして説明すると思っていたのですが、全然そんな配慮は無かった(笑)

 まあ、私はこの手の社会派推理というジャンル自体に全く興味が無くて、今後も読む予定が無かったので、「一時間のダイジェストドラマを見たことにしよう」とか割り切ることができましたが、そうでない人がうっかり見てしまったら「ネタバレだ!」と激怒モノなのでは……

 しかし、そういう未読の人たちへの配慮の無さはともかく、番組としてはなかなか面白い物がありました。ストーリーの紹介と並行して、ゲストたちが、作品についての感想、小説の構成の巧みな部分、清張の狙っていたこと、作品の歴史的背景、オチについて、etcを述べていく「テレビでする批評」というタイプの番組で、確かに見ごたえは有りましたね。

 しかしねぇ、結末について語る以上、完全ネタバレも致し方ないことでありましたが、冒頭で「これ以降、オチまでバラすから気をつけてね」という断りをして欲しかったですよ、エエ。


※他の回の感想→第2回 横溝正史“八つ墓村”