読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「だがしかし」第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」

アニメ


だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)

関連サイト→
 だがしかし 公式ホームページ http://www.tbs.co.jp/anime/dagashi/
 『だがしかし』小学館公式サイト http://www.shogakukan.co.jp/pr/dagashikashi/
放送 BS-TBS
【※以下ネタバレ】

第3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」「ボンタンアメとセブンネオンと…」

■あらすじ

・Aパート 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」

 暑い中ほたるが店に乗り込んでくると、「ブタメン」の正しい食べ方だといって、冷房を切ってストーブでやかんの湯を沸かし、蒸し風呂状態でブタメンを食べる。

 別の日、ココノツとマメ・サヤがプールに行くと、何故かヨウが監視員、ほたるが薬をまく仕事、をしていた。実は二人は示し合わせてココノツに駄菓子の素晴らしさを印象付けるため、プールの底に「くるくるぼーゼリー」をばら撒いていた。ココノツたちはゼリーを見つけて大喜びするが、プールでは飲食禁止だと気がつきガッカリ。それを見てヨウとほたるが「作戦失敗……」と愕然となって〆。



・Bパート「ボンタンアメとセブンネオンと…」

 ほたるは豆がボンタンアメを食べる際、食べられる外側のオブラートをわざわざはがそうとしているのをみて、自分への挑戦だと感じ、マメの口の中に直接ボンタンアメを投げ込んでオブラートが食べられる事をレクチャーする。

 直後、店に冷房を取り付けることになり、ほたるはサヤの喫茶店に行き、駄菓子「セブンネオン」についてウンチクを披露するのだった。


■感想

 完全に安定軌道に乗って順調に飛行中、といった雰囲気。全く心配する要素がないというか打率10割というか鉄板というか、の面白さ。汗をかいてのすけ下着とか、プールでの水着アピールとか、原作と違って、ほたるの健全な色気を強調してくるのも、アニメならではの独自性という事で全然オッケーです。というか、むしろ大歓迎。


だがしかし公式ファンブック: ほたるさんと遊ぼう! (少年サンデーコミックススペシャル)