読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「宇宙ハンザ」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 504巻)(2015年9月8日(火)発売)


宇宙ハンザ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-504 宇宙英雄ローダン・シリーズ 504)

宇宙ハンザ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-504 宇宙英雄ローダン・シリーズ 504)

【※以下ネタバレ】

■データ(公式)
http://www.amazon.co.jp/dp/4150120269
宇宙ハンザ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-504 宇宙英雄ローダン・シリーズ 504) 文庫 2015/9/8
ウィリアム・フォルツ (著), エルンスト・ヴルチェク (著), 工藤 稜 (イラスト), 渡辺広佐 (翻訳)
文庫: 288ページ
出版社: 早川書房 (2015/9/8)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150120269
ISBN-13: 978-4150120269
発売日: 2015/9/8


宇宙ハンザの船《キルト》が発見した未知物体は、突破不能なバリアにおおわれていた!


新銀河暦(NGZ)424年。テラで設立された汎銀河組織の宇宙ハンザは、交易という公式任務のかたわら、“それ"に敵対する超越知性体セト=アポフィスとひそかに戦っていた。ある日、宇宙ハンザ所属の船《キルト》が、ヴェガ星系で未知物体を発見する。宇宙船の残骸のようだが、正体はわからない。近づこうとしても、謎のメンタル・バリアに阻まれるのだ。知らせをうけたローダンとミュータントたちは調査に乗りだすが!?


◆1007話 宇宙ハンザ(ウィリアム・フォルツ)(訳者:渡辺広佐)

 (1000話からの続き)。3588年、ペリー・ローダンはエデンIIから帰還したあと、「西暦」を「新銀河暦(NGZ)」と改め、3588年は同時にNGZ元年となった。そしてNGZ424年。銀河系の種族はGAVO”Kの元に平和な共同体を築き、またローダンたちが建設した組織「宇宙ハンザ」は、汎銀河貿易機構として大成功を収めていた。しかし、その裏では宇宙ハンザの真の目的である超越知性体セト=アポフィスとの戦いがくり広げられていたが、それを知るのは限られたメンバーのみだった。アトランは未だに行方不明のままで、また深淵の騎士ジェン・サリクもいつの間にか行方知れずとなっていた。

 NGZ424年8月。ヴェガ星系近傍で未知の残骸が発見され、内部から異人『キウープ』が救助されるが、キウープは殆どの記憶を失っており、自分がコスモクラートと繋がりがあるらしいことしか覚えていなかった。同じ頃、惑星『マルディグラ』に異変が発生していた。(時期:NGZ424年8月12日〜)



◇1008話 コンピュータ、発狂す(エルンスト・ヴルチェク)(訳者:渡辺広佐)

 惑星マルディグラでは、宇宙ハンザの拠点『商館』のコンピュータが異常をきたし、業務が大混乱に陥っていた。やがてコンピュータは、『コンピューター悪性セル』と名付けた超小型ロボットに汚染されていることが判明した。(時期:NGZ424年8月8日〜)