読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらすじ:小説「マルディグラの工作員」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 505巻)(2015年9月17日(木)発売)


マルディグラの工作員 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-505 宇宙英雄ローダン・シリーズ 505)

マルディグラの工作員 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-505 宇宙英雄ローダン・シリーズ 505)

マルディグラ工作員 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-505 宇宙英雄ローダン・シリーズ 505) 文庫 2015/9/17
エルンスト・ヴルチェク (著), ペーター・グリーゼ (著), 工藤 稜 (イラスト), 赤根洋子 (翻訳)


ローダンらは、商館マルディグラのコンピュータの不具合の原因を探りだそうとするが!?


宇宙ハンザの地球外拠点であるマルディグラ商館で、コンピュータの不具合が発生した。アルバートという名の中央ポジトロニクスが種々の致命的な誤作動を起こし、住人の生命まで脅かすようになったのだ。セト=アポフィスの工作員が関係していると考えたペリー・ローダンは、ヴェガ星系での異人救出に貢献した犯罪者のエールツをともない、マルディグラ商館に向かう。だが、到着後にエールツが勝手な行動をとりはじめた!

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120277


【※以下ネタバレ】

◆1009話 マルディグラ工作員(エルンスト・ヴルチェク)(訳者:赤根洋子)(初登場)

 ローダンはライレの目でマルディグラに到着したが、既にコンピュータシステムの混乱は頂点に達しており、マルディグラの都市は壊滅した。セト=アポフィスの工作員三人が逮捕されるものの、彼らは工作員だった時の記憶を失っていた。ローダンはコンピュータ悪性セルのサンプルを手にテラへと帰還した。(時期:不明。NGZ424年8月頃)



◇1010話 コンピュータ人間(ペーター・グリーゼ)(訳者:赤根洋子)

 テラではコンピュータ悪性セルの研究と同時に、悪性セルを駆逐する「コンピュータ警察セル」の開発が進められていた。しかし研究者の一人が悪性セルに感染し、肉体を乗っ取られてしまった。(時期:NGZ424年9月3日〜)