読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「第五使者の誕生」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 506巻)(2015年10月7日(水)発売)


第五使者の誕生 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-506 宇宙英雄ローダン・シリーズ 506)

第五使者の誕生 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-506 宇宙英雄ローダン・シリーズ 506)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120315
第五使者の誕生 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-506 宇宙英雄ローダン・シリーズ 506) 文庫 2015/10/7
ペーター・グリーゼ (著), H・G・フランシス (著), 工藤 稜 (イラスト), 星谷 馨 (翻訳)


悪性セルに体内をおかされたボウルメースターは、危険きわまりない計画を企てていた!


セト=アポフィスの新兵器と思われるコンピュータ悪性セルが、ついに人間のからだをむしばみはじめた。LFT管轄のデルタコム開発研究所での実験中、所長マルセル・ボウルメースターの体内に悪性セルが忍びこんだのだ。しだいにコンピュータ人間に変身しはじめたボウルメースターは、実験助手のアデレーアを連れ、月のインポトロニクス、ネーサンのもとへ行こうとしている。ボウルメースターが企てた恐るべき計画とは!?


発売日 = 2015年10月7日(水)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」
【※以下ネタバレ】


内容

◆1011話 第五使者の誕生(ペーター・グリーゼ)(訳者:星谷 馨)

 コンピュータ人間は、月のインポトロニクス・ネーサンの破壊を目論んでいた!!

 そこそこ面白いお話。神のごとき超越知性体が送り込んだコンピュータ人間のキャラクターが、今までのローダン世界の機械人間と何一つ違いがないというのが何か笑えます。まあ一々凝った設定を考えていたらキリがないですしね。またテラナーの新時代の艦隊は、直径数キロの超巨大艦ではなく、直径僅か200メートルの特殊装備艦「ツナミ艦」で構成されているというのが目新しい。シェール以来の大鑑巨砲主義もついに打ち止めですね。



◇1012話 プログラミングされた男(H・G・フランシス)(訳者:星谷 馨)

 宇宙ハンザは、大マゼラン星雲の惑星『ジャルヴィス=ジャルヴ』でセト=アポフィスの工作員を発見し!?
 群像劇というかの特殊な話。一般住民の描写ばかりが続いて、この話はどこに着地するのだろう、と思わせるヘンな回でした。


 前半はそこそこ楽しかったけど、後半はなんじゃこりゃ、でしたね。


表紙絵

 メインはコンピューター人間『第五使者』。背景は月。


あとがきにかえて

 担当は「星谷馨」氏。全3ページ。500巻到達おめでとうの挨拶の後、前後編の内容と作者経歴についてのお話。松谷先生がシリーズ最初期にやっていたような内容でしたね。


次巻予告

 次巻は507巻「災厄のスプーディ」(H・G・エーヴェルス)(2015年10月22日(木)発売予定)。


おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm