読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらすじ:小説「賢人の使者」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 508巻)(2015年11月6日(金)発売)

ペリー・ローダン


賢人の使者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-508 宇宙英雄ローダン・シリーズ 508)

賢人の使者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-508 宇宙英雄ローダン・シリーズ 508)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120358
賢人の使者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-508 宇宙英雄ローダン・シリーズ 508) 文庫 2015/11/6
マリアンネ・シドウ (著), クラーク・ダールトン (著), 工藤 稜 (イラスト), 増田久美子 (翻訳)


ベッチデ人三名は、危険な原住生物と戦いながら、謎の巨大球型船の司令室をめざした!


サーフォ・マラガン、ブレザー・ファドン、スカウティのベッチデ人三名は、クランドホル公国の第十七艦隊ネストから107光年はなれた名もなき惑星にやってきた。そこで巨大な球型船が目撃されたという情報の真偽をたしかめるためだ。もしかしたら、ベッチデ人の祖先の船とされる《ソル》かもしれない。三名は砂漠地帯に向かい、実際に難破船を発見した。砂漠の危険な原住生物と戦いつつ、船の司令室をめざそうとするが!?

【※以下ネタバレ】


◇1015話 祖先の船(マリアンネ・シドウ)(訳者:増田久美子)

 ベッチデ人三人は墜落している宇宙船の内部を探索し、この船が探し続けていた《ソル》であることを知った。三人は、《ソル》が残骸と化し、乗員も死に絶えている事を知って絶望した。そこにクラン艦隊の兵士が現われ、三人を捕縛した。(時期:不明)



◆1016話 賢人の使者(クラーク・ダールトン)(訳者:増田久美子)

 ベッチデ人三人は、第十七艦隊ネストに連れ戻されるが、そこには公国の重要人物『賢人の使者』が来訪しており、三人は惑星クランに連れて行かれることになった。ところが途中で使者は三人が賢人と面識がないことを知り、失望して惑星『カーセルプン』に置き去りにしてしまう。サーフォ・マラガンは二匹目のスプーディを入手した事で知能が向上し、この星の司令官に自分たちが重要人物だと信じ込ませ、惑星クランに行く段取りをつけた。(時期:不明)