読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらすじ:小説「ベッチデ人とハンター」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 509巻)(2015年11月20日(金)発売)


http://www.amazon.co.jp/dp/4150120366
ベッチデ人とハンター (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-509 宇宙英雄ローダン・シリーズ 509) 文庫 2015/11/20
クルト・マール (著), 工藤 稜 (イラスト), 小津 薫 (翻訳)


反体制組織“兄弟団”の存在を知ったベッチデ人三名は、惑星ケリヤンに降りたったが!?


補給艦《トリストム》に乗って惑星カーセルプンを出発したサーフォ・マラガン、ブレザー・ファドン、スカウティのベッチデ人三名は、艦内で“兄弟団"という名の組織に関する情報を得た。クランドホルの公爵や賢人のやり方に不満を持つ反体制派の集まりで、メンバーは例外なく複数スプーディ保持者らしい。かれらに接触すれば自分たちの目標に近づけると考えた三名は、兄弟団の拠点があるという惑星ケリヤンをめざすが!?

【※以下ネタバレ】


◇1017話 兄弟団を探して(クルト・マール)(訳者:小津 薫)

 ベッチデ人三人は、宇宙船で惑星カーセルプンを離れるが、直後に反体制組織『兄弟団』の事を知らされる。兄弟団の構成員は全員スプーディを複数持ち、拠点は惑星『ケリヤン』に存在するという。三人は兄弟団に接触するため、強引にケリヤンで下船するが、兄弟団と関係が有ると見なされ、指名手配されてしまった。(時期:不明)



◆1018話 ベッチデ人とハンター(クルト・マール)(訳者:小津 薫)

 サーフォ・マラガンは兄弟団を追う『ハンター』に捕まるが、意外にもハンターはマラガンたちが惑星クランに向かう手助けをすると申し出る。一方、ブレザー・ファドンとスカウティは兄弟団に捕まり、さらに団員たちはハンターを襲ってマラガンも拉致してしまった。(時期:不明)