読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「兄弟団の謀略」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 510巻)(2015年12月8日(火)発売)

ペリー・ローダン


兄弟団の謀略 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-510 宇宙英雄ローダン・シリーズ 510)

兄弟団の謀略 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-510 宇宙英雄ローダン・シリーズ 510)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120412
兄弟団の謀略 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-510 宇宙英雄ローダン・シリーズ 510) 文庫 2015/12/8
ハンス・クナイフェル (著), ウィリアム・フォルツ (著), 工藤 稜 (イラスト), 渡辺広佐 (翻訳)


ベッチデ人三名は、惑星ケリヤンの海底にある、兄弟団の拠点基地にようやく到着した!


サーフォ・マラガン、ブレザー・ファドン、スカウティのベッチデ人三名は、惑星ケリヤンの港町ウナデルンに到達し、ついに兄弟団とのコンタクトに成功した。これで、クランドホルの賢人に近づく道が開けるかもしれない。三名は兄弟団のメンバーに導かれ、かれらの基地がある海底地下へ向かった。そこに待っていたのは、兄弟団の団長であるターツのサルガメクであった。その姿は、三名にとって思いもよらないものだった!?


発売日 = 2015年12月8日(火)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」


【※以下ネタバレ】


内容

◆1019話 兄弟団の謀略(ハンス・クナイフェル)(訳者:渡辺広佐)

 ベッチデ人三人は兄弟団の秘密基地に連れて行かれるが!?

 最後、兄弟団が壊滅したのを読んで、あまりのオチに脱力して膝から崩れ落ちそうになりました。今後クランドホル公国対兄弟団の争いが物語のテーマになると思っていたのに……、さらに思わせぶりに出てきたハンターのバルクハーデンも死んでしまうとは、何をか言わんや。もうベッチデ人の物語はただひたすら話数のムダとしか思えません……



◇1020話 ヴィールス実験(ウィリアム・フォルツ)(訳者:渡辺広佐)

 400年前に失踪し、既に死んだと思われていたジェン・サリクが突然帰還し!?

 ウォォォ、ジェン・サリク再登場とは!!(まあ帰ってくるのは知っていましたが、このタイミングとは知らなかった)。さらに今回は「三つの究極の謎」の「フロストルービン」「無限アルマダ」「法」という3つの言葉がついに出揃い(P152〜153)、さらに「ポルレイター」(P191)まで出てくるなど、このサイクルの重要キーワードがどっと出現して大興奮です。しかし「無限アルマダ」という訳語はちょっといまひとつですよね。やはり「無限艦隊」の方が格好いいと思います。

 あと、以前からですが、「ヴィールス、すなわちウイルス」(P213)という妙な注釈が入るのですが、これは原語版にあるのでしょうか。翻訳陣がわざわざお断りしているのではないかという気がしますが……、さらに冒頭の死んだクイリレイネンの死体を無理やり動かしているジェン・サリクって死者を冒涜しまくっていて引きました……



 前半は大外れでしたが、後半はまあまあ。


表紙絵

 メインはレジナルド・ブル。その下の右手がジェン・サリク、左のマスクマンがアラスカ・シェーデレーア。背景はヴィールス実験で生まれた怪物と、その前に立つキウープ。


あとがきにかえて

 担当は「渡辺広佐」氏。全3ページ。金沢に行った話から始まって句会の話。


次巻予告

 次巻は511巻「アルキストの英雄」(H・G・フランシス&エルンスト・ヴルチェク)(2015年12月18日(金)発売予定)。


おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm