読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらすじ:小説「アルキストの英雄」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 511巻)(2015年12月18日(金)発売)


アルキストの英雄 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-511 宇宙英雄ローダン・シリーズ 511)

アルキストの英雄 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-511 宇宙英雄ローダン・シリーズ 511)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120420
アルキストの英雄 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-511 宇宙英雄ローダン・シリーズ 511) 文庫 2015/12/18
H・G・フランシス (著), エルンスト・ヴルチェク (著), 工藤 稜 (イラスト), シドラ房子 (翻訳)


ラニア・シティの美術展に招かれたイホ・トロトを待ち受けていた予想外の事態とは?


長い年月をへて、深淵の騎士ジェン・サリクが地球に帰還した。ペリー・ローダンはサリクの言葉から、監視騎士団に伝わる三つの究極の謎について知り、その解明に向けて動こうとしている。一方、テラニア・シティの芸術家の町ガルブス地区で美術展が開催され、ハルト人イホ・トロトが招待客としてスピーチすることになった。ところが、トロトは美術展会場へと向かう途中、未知の力に脳を支配され、理性を失ってしまった!

【※以下ネタバレ】


◇1021話 ハルト人の暴走(H・G・フランシス)(訳者:シドラ房子((初登場))

 テラニアを訪問中のイホ・トロトは、地球外からの未知の力に支配され街を破壊し始めた。ローダンたちはトロトを保護するが、すぐにトロトは脱走すると、謎の目的地『デポ』に向かうため、ツナミ艦に密航し地球を離れた。(時期:NGZ424年10月15日〜18日)



◆1022話 アルキストの英雄(エルンスト・ヴルチェク)(訳者:シドラ房子)

 M−13球状星団の惑星『アルキスト』では、空から土砂が降り注ぎ、未知の生物が出現して住人を襲い始めた。ローダンは調査のため、ツナミ艦2隻をアルキストへ派遣するが、ツナミ艦はM−13近傍で巨大なレールの様な物体と遭遇した。(時期:NGZ424年10月15日〜)