読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「ナイトライダー シーズン1」第18話「危機一髪!ナイト2000 窮地の女性を救え!」

ドラマ


ナイトライダー シーズン 1 バリューパック [DVD]

NHK ナイトライダー http://www4.nhk.or.jp/P3795/
放送 BSプレミアム。全21話。

【※以下ネタバレ】


※他のエピソードはこちら→「ナイトライダー シーズン1」あらすじ・感想まとめ

第18話 危機一髪!ナイト2000 窮地の女性を救え! WHITE BIRD (2016年3月23日(水)放送)

あらすじ

法律事務所で働く女性が突然、捜査官に連行された。上司である弁護士に犯罪の容疑がかけられ、証言を迫られる。実は彼女は、マイケルの元婚約者だった!


法律事務所で働くステファニーが、捜査官に連行される。上司である弁護士にマネーロンダリングの疑いがかけられていたのだ。ステファニーは上司を信じるが、彼の関与を証言しなければ自分が告訴されると言われる。そこへマイケルが現れる。実は彼女は、彼のかつての婚約者だった。

 弁護士コールの事務所で働いているステファニー・メイスンは、突然司法省の役人に連行され、上司コールがマネーロンダリングに関わっているので、それを法廷で証言しろと迫られる。もし証言を拒めば、代わりに彼女を告訴するという。そこに突然マイケル・ナイトが駆けつけ、ステファニーの保釈金を払い、彼女を保護する。

 実はステファニーは、マイケルが「マイケル・ロング」だった頃の婚約者だった。マイケルはステファニーには正体を隠して、コールの悪事を立証しようと動き出す。コールと、コールの共犯者ソランは、部下を使ってステファニーを殺そうとするが失敗し、逃げ出そうとしたところをマイケルに捕まる。

 ステファニーは法廷で証言した後、保護プログラムで全くの別人として暮らすことになった。マイケルはついに彼女に正体を明かすことなく別れるが、ステファニーはなんとなくマイケルの正体を察していた様だった。


感想

 今回の話は、長らく日本語吹き替え版が存在せず、2014年発売の「ナイトライダーコンプリートブルーレイBOX」 http://knightrider-tv.jp/bluray/ でオリジナルキャストが再集結して吹き替えた10作品の一つ。


 いつも雑に悪いやつを捕まえておしまい、のナイトライダーにしては凝ったエピソード。マイケルの昔の婚約者を持ち出すとか、どうしたのという感じ(笑) もっとも、話の作りは相変わらず粗く、途中でデボンとボニーがデータベースにアクセスして、コールとソランのつながりを調べ、マイケルが「よし、これをもっと詳しく追ってみよう」とか言うのですが、結局そのあたりの展開はそれ以上は進まず、結局マイケルとキットがいつもの様に力技で捕まえておしまいになってしまう、という(笑)


 今回はいつもにも増してナイト2000が大活躍で、おなじみ「道路を塞ぐトレーラーを飛び越える」でジャンプ一回、「フェンスを飛び越える」でジャンプ一回、の他に、セスナ機で逃げ出す悪党を捕まえるため、ターボブーストで飛行機の後ろ半分に突っ込むというシーンが有るのですが、これが合成でもミニチュアでもなく、マジにセスナ機を一機潰して胴体半分を失って炎上している飛行機と車を併走させるという危なそうなスタントをやってました。この番組はホント車の活躍ぶりだけは掛け値なしに凄いわ。

※他のエピソードはこちら→「ナイトライダー シーズン1」あらすじ・感想まとめ

ナイトライダーシリーズの紹介はこちら→「ナイトライダー」シリーズ作品まとめ