読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「競技惑星クールス」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 513巻)(2016年1月22日(金)発売)

ペリー・ローダン


競技惑星クールス (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-513 宇宙英雄ローダン・シリーズ 513)

競技惑星クールス (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-513 宇宙英雄ローダン・シリーズ 513)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120471
競技惑星クールス (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-513 宇宙英雄ローダン・シリーズ 513) その他 2016/1/22
マリアンネ・シドウ (著), 工藤 稜 (イラスト), 嶋田洋一 (翻訳)


マラガンらベッチデ人三名は、競技大会ルゴシアードの開催惑星クールスをめざしたが!?


クラン艦“マルサガン”に乗ったサーフォ・マラガン、ブレザー・ファドン、スカウティのベッチデ人三名は、クラン伝統武術の達人サイラムとその弟子ウィスキネンと知りあった。かれらは数年ごとに開かれるクランドホル公国主催の競技会、ルゴシアードに出場するため、惑星クールスをめざしているという。ルゴシアードとはいったいどのような競技会なのか。なにもわからないまま、三名もクールスへ向かうことになったが!?

【※以下ネタバレ】



◆1025話 競技惑星クールス(マリアンネ・シドウ)(訳者:嶋田洋一)

 (1019話からの続き)。ベッチデ人三人は惑星『クールス』に運ばれ、公国主催の競技会『ルゴシアード』へ出場させられる事になった。ルゴシアードとは、参加者が自分の異能を披露する大会だった。直後、三人は兄弟団に誘拐され、サーフォ・マラガンは洗脳された上に、スプーディを二匹追加され、四重保持者にされる。兄弟団はルゴシアードの勝者が惑星クランに召還されると推測しており、スパイにしたマラガンを大会に勝たせようと目論んでいた。(時期:不明)



◇1026話 有力候補(マリアンネ・シドウ)(訳者:嶋田洋一)

 サーフォ・マラガンは仲間と共に兄弟団のアジトから脱出するが、全てはマラガンが兄弟団と仕組んだ芝居だった。マラガンは、あらゆる質問に答える「賢人」としてルゴシアードに参加し、大会の決勝「スーパーゲーム」へと進出した。しかしマラガンは四重スプーディ保持者となった事で、精神に異常をきたし始めていた。(時期:不明)