読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマ「X-ファイル シーズン6」あらすじ・感想まとめ

 ドラマ「X-ファイル シーズン6」(全22話)のあらすじと感想のまとめです。
(※以下、ネタバレが含まれています。ご注意ください)



※他のシーズンのあらすじ・感想まとめはこちら→シーズン1 シーズン2 シーズン3 シーズン4 シーズン5 シーズン7 シーズン8 シーズン9  X-ファイル 2016
 

■アメリカでの放送時期

 1998年11月〜1999年5月(全22話)


■ストーリー展開

◆導入部
 モルダーとスカリーはX-ファイルの仕事から外され、カーシュ副長官の下で通常の業務につかされる。一方、X-ファイル課が再開するものの、担当捜査官にはジェフリー・スペンダーとダイアナ・ファウリーが任命される。


◆中盤
 秘密組織の幹部は、「エイリアン反乱軍」の攻撃により、スモーキング・マンを除いて皆殺しにされる。ジェフリー・スペンダーの進言で、モルダーとスカリーはX-ファイル担当に復帰するが、スペンダー自身は父親のスモーキング・マンを裏切ったために父に射殺される。


◆結末
 アフリカで、地球の生命が異星人によって作られたことを示唆する「遺物」が発見される。しかしその確証を得ようとするモルダーは突如精神錯乱を起こし病院送りとなる。スカリーはアフリカへ飛び、異星人の宇宙船の残骸らしきものを発見する。

■登場人物

●フォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカブニー)
 FBI捜査官。第1話「ビギニング」でX-ファイル課の仕事から外されるが、第12話で復帰する。


●ダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン
 FBI捜査官。モルダーの相棒。モルダー同様に第1話「ビギニング」でX-ファイル課の仕事から外されるが、第12話で復帰。


●ウォルター・スキナー(ミッチ・ピレッジ)
 FBI副長官。モルダーとスカリーの上司だったが、二人がX-ファイルの仕事から外されると同時に、スキナーも二人との接触を禁じられる。第12話以降は上司に戻る。


●カーシュ副長官(ジェイムズ・ピッケンズJr.)
 FBI副長官。初登場は第1話「ビギニング」。モルダーとスカリーの新上司。二人がX-ファイル関連の事件に関わらないように、様々な妨害を行なう。スモーキング・マンとも繋がりがある。


●ジェフリー・スペンダー(クリス・オーウェンス)
 FBI捜査官。スモーキング・マンの息子。父親の命令に従い、モルダーたちの行動を妨害する。第1話「ビギニング」で、モルダーたちに代わり、X-ファイル課の捜査官となる。その後、第12話「ファイト・ザ・フューチャー Part2」でスモーキング・マンを裏切ったため、実の父親に殺される。


●ダイアナ・ファウリー(ミミ・ロジャース)
 FBI捜査官。モルダーの元彼女で、かつては仕事の上でもX-ファイル課でのモルダーの相棒だった。第1話「ビギニング」で、モルダーたちに代わり、X-ファイル課の捜査官となる。裏でスモーキング・マンと繋がっている。


●ローン・ガンメン
 モルダーのオタク仲間三人組。
 「メルビン・フロハイキー」(トム・ブレイドウッド)。一番背が低い
 「リチャード・ラングリー」(ディーン・ハグランド)。長髪。凄腕のハッカー
 「ジョン・フィッツジェラルドバイヤーズ」(ブルース・ハーウッド)。髭。一番長身。背広。


●スモーキング・マン(ウィリアム・B・デイヴィス)
 秘密組織の幹部。


●アレックス・クライチェック(ニコラス・レア)
 秘密組織の一員。モルダーの父親・スカリーの姉を殺した犯人。


●マリタ・コバルービアスローリー・ホールデン
 秘密組織の一員。第12話「ファイト・ザ・フューチャー Part2」で、組織を裏切ったため、ブラックオイルのワクチンの実験台にされていた事が判明する。


■あらすじ・感想リスト

「タイトル」をクリックしてください。あらすじ・感想のページに進みます。

話数タイトル原題評価
01 ビギニングTHE BEGINNING
02 迷走DRIVE
03 トライアングルTRIANGL
04 ドリームランド Part1DREAMLAND
05 ドリームランド Part2DREAMLAND II
06 クリスマス・イブの過ごし方HOW THE GHOSTS STOLE CHRISTMAS
07 愛児TERMS OF ENDEARMENT
08 レイン・キングTHE RAIN KING
09 S.R.819S.R.819
10 ティトノスTITHONUS
11 ファイト・ザ・フューチャー Part1TWO FATHERS
12 ファイト・ザ・フューチャー Part2ONE SON
13 アグア・マラAGUA MALA
14 月曜の朝MONDAY
15 スイート・ホームARCADIA
16 絶滅種ALPHA×
17 電界TREVOR
18 ミラグロMILAGROR×
19 アンナチュラルTHE UNNATURAL
20 荒野の三人THREE OF A KIND
21 トリップFIELD TRIP
22 創世記BIOGENESIS


■シーズンを通しての感想

 スタッフが深刻なネタ切れに苦しみだした、ということがはっきりと感じられたシーズンでした。異星人関連エピソード「ファイト・ザ・フューチャー」二部作と「創世記」は逸品でしたが、それ以外の単発系のエピソードが実に低調で、目を引く作品が殆ど無し(愛児、絶滅種、電界、ミラグロなど低品質回多し)。

 さらに悪い事に、このシーズンはユーモア・冗談系のエピソードをこれでもかと乱発しており(トライアングル、ドリームランド Part1・2、クリスマス・イブの過ごし方、レイン・キング、アンナチュラル、荒野の三人)、視聴するたびに「またスタッフのお遊び話か……」とげんなりさせられました。この手の話は一シーズン当たり1話で十分だと思います。

 全体に低調なシーズンでした。