読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ(新番組)「クロムクロ」第1話「鬼の降る空」:サムライとか言うから古臭い時代劇ロボアニメかと思っていたら普通にSFアニメで面白かった件

アニメ

TVアニメ「クロムクロ」公式サイト http://kuromukuro.com/index.html
放送 AT-XAT-Xが最速放送)

【※以下ネタバレ】

ダム建設時に偶然発見された謎の遺物、
アーティファクトの研究を行うために設立された国際連合黒部研究所。
世界各国の頭脳が集う研究所員の子息が通う立山国際高校には、
研究所長の娘、白羽由希奈も通っていた。
時は2016年、夏。
ひとりのサムライが、ふたたび目を覚ます。

第1話 鬼の降る空 (2016年4月7日(木)放送)

あらすじ

 白羽由希奈は三者面談に学校に来た母親洋海(ひろみ)がスマホを忘れていったので、母親の勤務先の研究所まで届けに行く。洋海は国連に所属する研究所の所長で、巨大ロボット的な物の開発に携わっていた。研究所には、60年前のトンネル工事の際に見つかった二つの遺物(アーティファクト)「ザ・キューブ」と人型の機械の二つが置かれていた。

 そんな時突然巨大な物体が日本上空に飛来、太平洋上で分裂して、そのうちの一つが研究所近くに落下する。しかもその中からは一体の巨大ロボと、多数の小型ロボが出現し、研究所へと突進してきたため、研究所側もロボ兵器を出して迎撃を開始した。騒ぎの中、由希奈がザ・キューブに触れると、ザ・キューブは形を変え、内部から全裸の若い男が飛び出してくる。男は由希奈を「姫」と呼び、刀をふるって小型ロボを切り捨てるが、兵士に取り押さえられる。


感想

 P.A.WORKSの15周年記念オリジナルアニメで、テーマはいつもの学園青春モノでは無く、なんと巨大ロボ物。失礼ながら全然期待せずに視聴したのですが、意外に面白いので驚きました。

 近未来の日本を舞台に、宇宙から(?)突如襲来したロボット群と人類のロボット兵器の戦い、地下から掘り出された遺物、その中から出現した謎の若者、など、絵良し・雰囲気良し・テンポ良し、の素晴らしいバランスの作品で、夢中で視聴しました。

 ロボット兵器のCGっぽさが押さえられていて、もうキャラクターと一緒に動いていても違和感が無いのも「世の中進歩したなぁ」と感慨にふけったり。

 「サムライが主人公」と聞いていたので、『江戸時代的な文明が何故か21世紀まで続いている世界で、サムライたちが巨大ロボで戦う系アニメ』だと思って思いっきり侮っていたのですが、全然違ってました。失礼いたしました。

 予想を遥かに超えて「かなり面白そう」なので、これは続きが楽しみになってまいりました。

一言メモ

 M・A・Oがメイン級のヒロインの声を担当したアニメを見るのは「宇宙パトロールルル子」「聖戦ケルベロス」「ハンドレッド」「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」に続いて5つ目。売れっ子なんてもんじゃないぞこれ。

<スタッフ>
原作:Snow Grouse
監督:岡村天斎
シリーズ構成:檜垣 亮
キャラクターデザイン・総作画監督石井百合子
総作画監督:西畑あゆみ
アニメーション制作:P.A.WORKS


音楽
【OP】GLAY「デストピア」
【ED】MICHI「リアリ・スティック



<キャスト>
青馬剣之介時貞:阿座上洋平
白羽由希奈:M・A・O
ソフィー・ノエル:上田麗奈
荻布美夏:瀬戸麻沙美
赤城涼斗:石川界人
茅原純大:小林裕介
ホセ・カルロス・高須賀:武内駿輔
宇波茉莉奈杉平真奈美
白羽小春:麻倉もも
白羽洋海:東條加那子
トム・ボーデン:木村良平
リュウ・シェンミイ:植田ひかる
セバスチャン:楠大典
グラハム:小西克幸
リタ:Lynn
ベス:木村珠莉
荒俣稔:巻島康一
ジロー:手塚ヒロミチ
ポーラ:佐藤利奈
武隈先生:木内秀信
薬師和尚:後藤哲夫