読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「少女スフィンクス」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 518巻)(2016年4月7日(木)発売)

ペリー・ローダン


http://www.amazon.co.jp/dp/4150120617
少女スフィンクス (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-518 宇宙英雄ローダン・シリーズ 518) 文庫 2016/4/7
ウィリアム・フォルツ (著), ペーター・テリド (著), 工藤 稜 (イラスト), 増田久美子 (翻訳)


テラの町ショナアルの公園で発見された、黒い髪の少女は人を呪縛する力をもっていた!


“宇宙の捨て子”と呼ばれる異人キウープが、テラの山あいの町ショナアルでヴィールス実験をおこない、恐ろしい怪物を生みだしてから、三カ月がたった。こんどはショナアルの公園で住民のジェイコブ・エルマーとその友マット・ウィリーのパーナツェルが、裸で眠っていた12歳ほどの少女を保護する。スリマヴォと名のるその少女は、王のような威厳を持ち、見た者の意識のなかに黒い炎を生じさせる不思議な力を持っていた!


【※以下ネタバレ】



◆1035話 少女スフィンクス(ウィリアム・フォルツ)(訳者:増田久美子)

 NGZ425年1月。ローダンはついに銀河系の住人に向けて、宇宙ハンザ設立の真の目的や、超越知性体セト=アポフィスの存在を公開した。同じ頃、地球には不可思議な能力を持つ記憶喪失の少女『スリマヴォ』が出現し、その雰囲気から「スフィンクス」という別名を付けられる。スリマヴォはローダンと面会し、キウープのヴィールス実験を手助けすると提案した。カルフェシュは何故かスリマヴォを自分の宿敵の様に認識した。(時期:NGZ425年1月5日〜15日)



◇1036話 スプーディ船(ペーター・テリド)(訳者:増田久美子)

 (1030話からの続き)。ヴェイクオスト銀河。ベッチデ人三人は惑星クランへ向かうため、スプーディを採取しクランに運ぶ『スプーディ船』に移乗したが、この船こそ三人が捜し求めていた《ソル》だった。サーフォ・マラガンはスプーディ四匹のせいで正気を無くし、艦載脳セネカを支配下に置くと《ソル》を乗っ取った。そこにさらにクラン行きの客が乗船してくるが、その客とはドウク・ラングルだった。(時期:不明)