読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「ばくおん!!」第3話「でびゅー!!」:原作との違いはもう諦めた……

アニメ


TVアニメ「ばくおん!!」OPテーマ「FEEL×ALIVE」(アニメ盤)

アニメ『ばくおん!!』公式サイト http://bakuon-anime.com/
放送 BS11

【※以下ネタバレ】

第3話 でびゅー!! (2016年4月18日(月) 深夜放送)

あらすじ

・Aパート

 羽音はついに免許を取ったため、恩紗と凜は羽音の為に買うバイクについてアドバイスする。そして中古車情報雑誌で格安の「ニコイチモータース」という店を見つけるが、恩紗は慌ててその店はダメだというものの、凜がとりあえず覗いてみようと押し切る。放課後羽音たちは店に行くが、恩紗の言うとおり売られているのはロクな整備もされていないバイクばかりで凜は憤慨する。しかも実はこの店は恩紗の父親が経営している店だった。しかし凜はこの店でピンクのCB400を見つけて買うと言い出す。それに感激した恩紗は、羽音のために自分だけで整備する。そしてついに羽音は念願の愛車を手に入れる。


・Bパート

 羽音・恩紗・聖はツーリングに行く事になったが、凜は「バイクは孤高の乗り物」と、誘われてもいないのに同行を断る。それでいて偶然を装って羽音たちの後を付いてきていたりして、最後は凜も含めてみなで記念撮影したり。


 羽音たちは、生徒会からバイク部は20年前に潰れて以来存在しないと言われ、来夢が勝手に部と名乗っているだけの非公認部だったと気がつく。それならばと改めて部活設立の申請を行なうことを決め、必要人数が四人で、羽音・恩紗・聖と、あと来夢の名前がわからないため、凜を頭数に入れて申請する。同じ頃、校長のたづ子の語りで、来夢が20年前に死んだバイク部員だと暗示される。最後、バイク部は設立が許可されるが、凜は申請前に来夢の名前が解ったため、自分がバイク部に入っていない事を知らされズッこける。


脚本:砂山蔵澄 絵コンテ:菊池カツヤ 演出:宮原秀二 総作画監督:杉本功、仁井学
作画監督斎藤大輔、島袋智和、飯飼一幸、松下純子、重松しんいち メカ作画監督:水村良男


感想

 うーん、このアニメ、わざと原作と微妙にベクトルを変えているというか、ホントに「けいおん!」のバイク版に仕立てている、という感触ですね。原作はもっと「バカ」な雰囲気なんですけどねえぇ。恩紗が羽音のために整備をしてやるシーンとか、イイ感じの場面にしていますが、そういう話だったか? と、どうも違和感がつきまといます…… まあ、アニメがそう来るなら原作とは別物という事で見させていただくことにしますわ。これはこれで結構面白いし。


ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)