読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「影鰐-KAGEWANI-承」第4話「試練」:ついに南米のあの超大物UMAも参戦!!


影鰐-KAGEWANI- [DVD]

影鰐-KAGEWANI-承 http://kagewani.com/
放送 BS11。10分アニメ。全13話。

【※以下ネタバレ】

第4話 『Episode 4 試練』

あらすじ

猿楽本社に連行された番場は、極秘任務に同行させられる。
同社の兵器化実験の失敗で奇獣が氾濫した町に潜入、
研究チームの甲斐博士を救出しようとするが、奇獣の群れに取り囲まれ…!

・キャスト
 番場宗介:杉田智和 木村雅貴:置鮎龍太郎
 ナギ・ヤグル:佐藤聡美 甲斐博士:神奈延年 ほか

 番場は猿楽製薬の本社に連行され、木村と再会する。木村は番場に恨みは無く、それどころか本気で影鰐が暴れていたら自分は死んでいたはずなので感謝しているとすら言う。木村は番場に、猿楽製薬の工場で事故が発生し、付近に奇獣が徘徊しているので、取り残されている甲斐博士を助けて欲しいと頼んでくる。現地に飛んだ番場は甲斐を見つけるが、工場内には猿楽が作った人工奇獣「チュパカブラ」がうろついていた。番場は甲斐を助け出し、自分は工場に残って影鰐の力でチュパカブラを皆殺しにするが、そこに謎の音叉の音が響き、影鰐の動きを止める。そして音叉を鳴らした主は、倒れた番場に刃物をつき立てる。続く。


感想

 前シリーズ最終回で完膚なきまでに死んだと思われていた木村が、意外にも結構無事な姿で再登場。ラストは「番場ァァァ」とか凄んで死亡フラグを立てまくりだと思われたのですが……

 そして、前シリーズでは物語の語り手担当でちっとも働かない事で有名だった(?)番場先生が、ダークヒーローとして覚醒し、影鰐パワーで奇獣を殺しまくりです。凄いぜ! それにしても、今回のゲスト奇獣がデータベースの内容をよく見ると、名前が「チュパカブラ」なのには爆笑したぞ。

 今回は謎キャラの乱入による「待て!次回」みたいな引きで終わってしまい、ますます次回が楽しみです。