読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「クランの裏切り者」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 519巻)(2016年4月22日(金)発売)


http://www.amazon.co.jp/dp/4150120625
クランの裏切り者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-519 宇宙英雄ローダン・シリーズ 519) 文庫 2016/4/22
ペーター・テリド (著), ハンス・クナイフェル (著), 工藤 稜 (イラスト), 原田千絵 (翻訳)


《ソル》を乗っ取ったマラガンのもとへ、ベッチデ人のふたりの仲間が送りこまれたが!?


サーフォ・マラガン、ブレザー・ファドン、スカウティのベッチデ人三名が移乗したスプーディ船の正体は、かれらが探していた“ソル”だった。だが、理性を失った四重スプーディ保持者のマラガンは、セネカと結託して船を乗っとってしまう。その目的はどうやら惑星クランに行き、賢人を攻撃することにあるらしい。このままクランへ向かうわけにはいかないと考えたクラン人のトマソン船長はマラガンを阻止しようとするが!?


発売日 = 2016年4月22日(金)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」


【※以下ネタバレ】


内容

◇1037話 《ソル》の囚人(ペーター・テリド)(訳者:原田千絵)

 ドウク・ラングルたちは、サーフォ・マラガンから《ソル》を奪還しようとするが!?


 《ソル》内部の描写や、ガラスの皮膚を持つソラナーの末裔バーロ人の存在などそれなりには面白いのですが、結局前回のラストから何も状況に進展が無いという徒労感がちょっと……、今回がドウク・ラングルの最期なのかと思ってちょっとドキドキしてしまいましたが、生きていて良かった。



◆1038話 クランの裏切り者(ハンス・クナイフェル)(訳者:原田千絵)

 クランドホル公国を統治する三人の公爵、グー、カルヌウム、ツァペルロウの三人は、謎の「賢人」から、三人の中に兄弟団に同調する裏切り者がいると伝えられ!?


 こっちの話も結局裏切り者が見つからないまま幕引き、というのが全く釈然としない。賢人とかいうわりに、行動が全く賢そうに思えないのは困りものです。クランドホル公国には自白剤とかそういうモノがないのか?  変な芝居を仕掛けるよりよほど早いと思う。



 前半・後半とも悪くはないのですが、オチが締まらない話のニ連発で居心地が悪いというか、でした。


表紙絵

 メインは、男性がブレザー・ファドン、女性がスカウティ。手前で座り込んでいるのがドウク・ラングル。背景は爆発している《ソル》。


あとがきにかえて

 担当は「原田千絵」氏。全11ページ。パイプオルガンとの出会いについて。多分「あとがきにかえて」の最長ページ数です。


次巻予告

 次巻は520巻「兄弟団の声」(クルト・マール)(2016年5月10日(火)発売予定)。


おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm