読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜」第7話「逆転のトノサマン - Last Trial」


逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~ B2タペストリー

逆転裁判読売テレビ http://www.ytv.co.jp/animegyakuten/index.html
日本テレビ系 毎週土曜 17:30〜18:00

【※以下ネタバレ】

第7話 逆転のトノサマン - Last Trial (2016年5月14日(土)放送)

あらすじ

子供たちのヒーロー、トノサマン役の荷星が悪役の衣袋を殺害した疑いで逮捕される。成歩堂は事件の新事実を掴んで裁判に臨む。成歩堂姫神が事件に関与していると考えていた。成歩堂は新事実を突きつけ、姫神にも犯行は可能だと主張。姫神は重たい凶器を扱う事はできないと無実を訴えるが、成歩堂はスピアーが凶器ではないと考えていた。天才検事の御剣から本当の凶器を出してみろと言われ、窮地に追い込まれた成歩堂だったが…。


 法廷で「トノサマン」のプロデューサー姫神サクラを召還しての尋問が始まった。成歩堂は九太の撮影した写真から、被害者・衣袋武志がトノサマンの着ぐるみを着て姫神がいたコテージを訪問した事実を提示し、姫神にも犯行が可能だった事を主張する。さらに凶器は15キロもある「トノサマンスピアー」ではなく、別のものなら姫神でも殺せたはず、と畳み掛けるが、その凶器を提示できず行き詰ってしまう。

 しかし、見かねたオバチャンが成歩堂に一枚の写真を渡す。それは五年前、衣袋武志が撮影所で誤って人を殺してしまった時の現場写真だった。そしてその時姫神が事件をもみ消したものの、以後衣袋はただ同然のギャラで働かされていたと教える。成歩堂は、その写真から真の凶器は花壇の柵についていた棘で、また姫神が衣袋を殺そうとしたのでは無く、衣袋の方が憎い姫神を殺そうとしてやってきたものの、もみ合っているうちに自分の方が5年前の事故同様に花壇に転落して死んでしまったと推理する。

 だがそれを立証する証拠は無く成歩堂は進退窮まるが、突然御剣が姫神にさらなる証言を要求する。成歩堂姫神がふと漏らした言葉から、姫神がトノサマンの着ぐるみを着た衣袋と出会っていた事を指摘し、姫神の犯行を立証して荷星の無実を勝ち取った。判決後、成歩堂と御剣が以前からの知り合いだったことが明かされる。

感想

 いやー、面白いわ。原作ゲームはプレイしていますが、クリアしたのが9年前(2007年)なので、細部を完璧に忘れまくっていて、トリックとか逆転のきっかけとなる証拠とかまるで憶えていないので、「うぉぉ、そういう展開だったのかぁぁぁ」とか新鮮に視聴できてます。自分の記憶力の無さにカンパイだ。

 あとは成歩堂が決定的な証拠をつかんだ場面で、突然法廷に突風が吹きまくる、という描写がなかなかイイですよ。いかにも「これが決め手だ!」という感じが出ていて実にナイス。


 しかし、次回はもうあの事件かぁ。まあ一作品あたり4シナリオだから、当然と言えば当然なのですが、えらく快調に話が進んできてしまったので「ええ? もう?」という驚きがあります。この話は5回くらいはかけて欲しいよね。いくらなんでも3回に収めるのは難しいと思うし。


 またこの話が終わったらどうなるのかなぁ? 「蘇る逆転」シナリオ? もしくは「2」に進んでムチムチ検事さん編に移行するのかな?


逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000