読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「マクロスΔ(デルタ)」第7話「潜入 エネミーライン」

アニメ


一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

MACROSS PORTAL SITE マクロスポータルサイト http://macross.jp/
放送 BS11

【※以下ネタバレ】

第7話 『Mission 07 潜入 エネミーライン』

あらすじ

 ワルキューレの五人とハヤテ・メッサー・ミラージュは、ウィンダミアが占領した惑星で何を行なっているのか調査するため、惑星ヴォルドールに潜入した。ヴォルドールの兵士たちはヴァールシンドロームを発症したあと謎の歌で操られている状態だった。

 一行は、ウィンダミアがプロトカルチャーの遺跡を接収し何かをしていると知り、遺跡内に侵入するが、水をくみ上げて飲料水として製品化している工場しか発見できない。しかしすぐにウィンダミア産のリンゴとその水を同時に摂取すると、ヴァールシンドロームを促進する物質が生まれる事に気が付く。やがて一行は敵に発見され、ハヤテ・ミラージュ・フレイアは空中騎士団に包囲されてしまう。

脚本:樋口達人/絵コンテ:松林唯人河森正治/演出:松林唯人総作画監督:まじろ、進藤優/作画監督:畑智司、皆川一徳

感想

 ワルキューレは前線でアイドルとして歌を歌うだけで十分激務っぽいのに、さらにレイナ&マキナはハッキングまでやらされるとか、設定を盛りすぎという気がする。またハッキングシーンの歌やら妙な効果やらもちょっと馴染めない……、まあこういう作風だと割り切って、なれるしかないか。

 三雲さんは謎の人つーか、行動が自由奔放すぎだろう。


いけないボーダーライン