読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:科学番組「コズミックフロント☆NEXT」『隠された真実に迫る 人類初の宇宙ステーション』


NHK-DVD「コズミック フロント」DVD-BOX(DVD5枚+特典CD付)

コズミックフロント☆NEXT http://www.nhk.or.jp/cosmic/
放送 NHK BSプレミアム(毎週木曜 22:00〜23:00)。

【※以下ネタバレ】

隠された真実に迫る 人類初の宇宙ステーション (2016年5月19日(木)放送)

今回の内容

隠された真実に迫る 人類初の宇宙ステーション


宇宙環境への長期間滞在を可能にし、様々な研究や観測、実験を行うための「宇宙ステ―ション」。人類初の宇宙ステーションは、今から半世紀近くも前、ソビエト連邦が開発した「サリュート」だ。


その成功は大々的に報道され、悠々と宙に浮きながら作業をする宇宙飛行士たちの姿に世界の人々は衝撃を受けた。それはアメリカがアポロ11号で月面着陸を成し遂げた2年後のこと。宇宙開発に遅れをとったソ連が計画開始から僅か1年で完成させたものだった。それにしても一体どのように開発に成功したのか?時は冷戦の最中。その詳細は国家機密だったため、謎に包まれてきた。


今回、関係者を徹底取材。証言から浮かび上がったのは想像を絶する危険なミッションの数々だった。成功報道の裏で隠され続けた度重なる失敗、そして宇宙ステーションの失踪。さらに、恐るべき計画が企てられていたことも。秘密のベールに包まれた人類初の宇宙ステーション開発の真相に迫る。


●人類初の宇宙ステーション「サリュート

 1969年にアメリカが月に人間を送り込むと、今後の宇宙開発をリードするのはアメリカだという空気が漂った。ところか゜1971年6月、ソ連は人類初の宇宙ステーション「サリュート」を打ち上げ、宇宙飛行士が滞在している事を世界に公表し、大ニュースとなった。

 元々ソビエトは、月着陸計画と宇宙ステーション計画を並行して進めていた。しかし月着陸はアメリカに先を越され、やる意味がなくなったので断念し、その技術を開発中だった宇宙ステーションに注ぎ込んだのである。それは物凄い突貫工事だったという。元々宇宙ステーションは「アルマズ」という名前で開発が進められていたが、それは敵国を衛星軌道から偵察する軍事用のものになるはずだった。しかし軍事用では世界に成果が公表できないので、急遽科学実験用の施設に作り上げて打ち上げたのである。

 しかしサリュート計画は、ソ連の公表とは裏腹に順調ではなかった。そもそも打ち上げは71年3月だったが、直後にソユーズ宇宙船で人間を送り込もうとしてドッキングが上手く行かず、6月に二度目の挑戦でようやく人間が乗り込めたというくらいだった。



●軍事用ステーション

 サリュートは計七個打ち上げられたが、実は2、3、5号は軍事用ステーションだった。巨大な偵察用カメラが積み込まれ地上の50センチの大きさのものまで見分けることが出来た上に、敵国が攻撃を仕掛けてくる場合に備え、23ミリ機関砲が装備されていたという。しかし、宇宙ステーションは一定の軌道を動くだけなので、攻撃されたらよけようがない。そのため軍事的に利用するというのは危険と考えられるようになり、やがて純粋に科学実験目的の物へと変化していった。



サリュート7号の危機

 1982年、宇宙ステーション計画最大のトラブルが発生した。無人のサリュート7号と全く連絡が付かなくなったのである。同年6月、二人の宇宙飛行士が調査に向かうが、危惧されたとおり、サリュート7号は回転状態となっていた。ソユーズは自動ドッキング装置が使えないため、危険を冒して手動でサリュート7号に接近し、なんとかドッキングに成功した。ところがステーションに入ってみると、電気が来ておらず、ステーション内は酷寒状態だった。飛行士たちは苦労してバッテリーを復旧させ、故障した装置を少しずつ修理していった。ところが暖房をつけたところで、ステーション内に漂っていた氷が一斉に解けてしまい、ステーション内は水だらけとなった。このままでは機器が水でショートしてまた故障してしまうため、地上に頼んでタオルを大急ぎで送ってもらい、それを使う事でなんとか危機を脱した。そしてようやくサリュート7号は正常に回復したのである。



●その後

 サリュート計画の経験は、1985年に打ち上げられた後継のステーション「ミール」に受け継がれ、さらに1998年から始まった「国際宇宙ステーション」で最初に打ち上げられたのもロシアが開発したモジュールだった。


感想

 旧ソ連時代の機密の塊の宇宙ステーション計画の内幕というだけでドキドキする内容ですが、しかも当時実際に開発に携わったりステーションに滞在したりした人たちの口から体験談が聞けるのですから、もう凄すぎて目まいがしそうな番組でした。冷戦時代を知っていると、本当に良い時代になったなぁと思いますね。