読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜」第10話「逆転、そしてサヨナラ - 3rd Trial」


逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~ B2タペストリー

逆転裁判読売テレビ http://www.ytv.co.jp/animegyakuten/index.html
日本テレビ系 毎週土曜 17:30〜18:00

【※以下ネタバレ】

第10話 逆転、そしてサヨナラ - 3rd Trial (2016年6月4日(土)放送)

あらすじ

ひょうたん湖で生倉弁護士を銃殺した容疑者として御剣が逮捕される。この事件は15年前に御剣の父が射殺されたDL6号事件が関係していた。12月27日、審理が再開され、狩魔検事は目撃者として貸しボート屋のオヤジを召喚。オヤジは深夜0時過ぎに音が2回した後、ボートが戻ってきて、小屋の外を歩く御剣を見たと証言。裁判長は犯行を立証する重大な告発と判断し、御剣に有罪を言い渡す。成歩堂は無罪を勝ち取れずに落胆するが…。

 成歩堂と真宵は貸しボート屋のオヤジを訪ねるが、オヤジはまだらボケ気味で、犯行時刻の夜、二回の銃声を聞いたというだけで、新しい証言は得られなかった。しかしオヤジの飼っているオウムはなぜか「DL6号事件を忘れるな」という奇妙な言葉を口にする。

 翌日審理が再開されると、狩魔はオヤジを証人として召還する。オヤジは数年前より前の記憶を失っていて自分の名前もわからない状態だったが、二回の銃声のあと御剣がボートから降りてきたと証言する。これで御剣の有罪は確定したかに思われたが、突然矢張が裁判に乱入し、事件の夜自分も湖で銃声を「一回」聞いたと証言する。

 成歩堂は矢張が銃声を聞いたのは深夜0時より少し前、PM11:50だった事を立証し、つまり当夜銃声は合計三回聞こえたことを明らかにする。成歩堂の考えでは、PM11:50の銃声が被害者を殺したときのものであり、そのあと何者かが被害者のふりをして御剣とボートに乗り込み、自分で水面にでも銃を撃った後、湖に飛び込んだはずだった。全ては御剣を陥れるための策略に違いない。ところが,成歩堂が真犯人として名指しした貸しボート屋のオヤジは裁判所から姿を消していた。続く。

感想

 やはり「前半:捜査パート」「後半:裁判パート」というペースで、裁判が「なにぃぃ!?」という場面になったところで次回に続く、くらいのペースが良いですね。また次回が「4th」であって「Last」では無いから最低5回は続くことが確定したわけで大ボリュームなのも嬉しい。まあ、逆に、「今までの話もこれくらい余裕を持って作ってくれていれば良かったのに」と言いたくなりますけどね。



原作ゲーム

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

逆転裁判2 NEW Best Price!2000

逆転裁判2 NEW Best Price!2000

逆転裁判3 NEW Best Price!2000

逆転裁判3 NEW Best Price!2000