読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「ヴァマヌ来訪」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 522巻)(2016年6月9日(木)発売)


ヴァマヌ来訪 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-522 宇宙英雄ローダン・シリーズ 522)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120722
ヴァマヌ来訪 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-522 宇宙英雄ローダン・シリーズ 522) 文庫 2016/6/9
H・G・エーヴェルス (著), H・G・フランシス (著), 工藤 稜 (イラスト), シドラ房子 (翻訳)


新銀河暦425年1月、M-19から接近してくる奇妙なアステロイドが観測されて以来、テラでは動植物が異常な知性の向上を見せたりヴィールスに関するデータや細胞プラズマが盗まれたりしていた。これらの不可解な事件を解明すべく、ローダンと側近たちはアステロイドの調査にとりかかる。だが調査に協力していたアラスカ・シェーデレーアが何者かに拉致されてしまった。やがて、グッキーが目撃した犯人の意外な正体とは?


発売日 = 2016年6月9日(木)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」


【※以下ネタバレ】


内容

◆1043話 ヴァマヌ来訪(H・G・エーヴェルス)(訳者:シドラ房子)

 地球での怪事件を捜査していたアラスカが行方不明になり!?


 なんというかゴタゴタ詰め込みすぎ。冒頭いきなり「アラスカが行方不明になった」と言い出すので、前の話でそんな事件が起きていたのかと思わず読み返してしまった。アラスカ失踪、ヴァマヌとの接触、「オペレーター」捜索、未知惑星での宇宙船調査、など、イベントは盛りだくさんだがつなぎ方がスムースではないというか、思いついた展開を羅列し適当に詰め込んだだけ、という感じで実に読みにくかった。

 異人ヴァマヌの描写が「ヒョウ、イセエビ、カメレオン、カマキリを混ぜ合わせたような生物」と無茶な姿なので、イラストレーターの工藤稜氏も描きようがなく、表紙絵に足だけ登場させています……、こんな無茶な生き物はそりゃ絵に出来ませんよ。

 ヴァマヌが宇宙を漂っていたのは一体何年間なのか? P55では「半世紀前に小惑星を離れた」と言いながら、同じページ内で「500年間宇宙を浮遊していた」とあり、同じページ内で矛盾している。今までの説明から考えて500年間が正解だが、すると「半世紀」というのはどこから出てきたのだろうか。誤訳?

 P44で「アンティは今はもう悪い事はやめて仏教関係者的哲学的な存在になっている」とあり、へーっという感じ。彼らも随分変わりました。



◇1044話 黒の力(H・G・エーヴェルス)(訳者:シドラ房子)

 《バジス》乗っ取りを企むトロトとブルーク・トーセンは、船の故障を理由に《バジス》に入り込み!?


 イホ・トロトたちによる《バジス》乗っ取り未遂話。トロトたちの作戦が、子供の活躍(?)で失敗する辺り、昔のアニメみたいな話でした。



 前半はイマイチ、後半はそこそこ、のお話でした。


表紙絵

 メインはローダンの横顔。背景は右半分が、アラスカ、グッキー、ブリー、ジェン・サリク。左半分がヴァマヌの足。


あとがきにかえて

 担当は「シドラ房子」氏。全5ページ。『オーディオブック》の話。


次巻予告

 次巻は523巻「ロボット探偵シャーロック」(ペーター・グリーゼ&クラーク・ダールトン)(2016年6月23日(木)発売予定)。


おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm