読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「くまみこ」第12話(最終回)「決断」

アニメ


TVアニメ「 くまみこ 」オープニングテーマ「 だって、ギュってして。 」【通常盤】

TVアニメ「くまみこ」公式サイト http://kmmk.tv/index.html
放送 BS11。全12話。

【※以下ネタバレ】

第12話(最終回) 『第拾弐話 決断』(2016年6月20日(月)放送)

あらすじ

 まちは仙台でのアイドルコンテストでリハーサル中に緊張に耐えられなくなり、会場から逃げ出してしまった。それを知ったナツは村人に車を出してもらい、仙台へと駆けつける。一方、良夫は響にまちにアイドルを無理強いしていることを責められるが、良夫は村の昔話で村の為に犠牲になった娘の現代版としてまちに頑張って欲しいとかいう。それを影で聞いていたまちは、コンテストに戻ってきてなんとか出番をこなす。

 後日。アイドルコンテストで都会に懲りたまちは、もう高校で都会に行くのは止めると言い出し、ナツが歓喜しておしまい。


脚本:ピエール杉浦/絵コンテ・演出:松田 清/作画監督:伊藤晋之、松尾亜希子、齊田博之、角田桂一、伊藤雅子総作画監督:齊田博之、鈴木理彩


感想

 うーん……、いくらなんでもこれはない。良夫の「まちには昔話の娘みたいに村の為に犠牲になってほしい」とかいう台詞ががナチュラルに酷いし、最後にまちがナツに向かって「都会は怖いからもう行きたくない」と言う敗北ラストなのも見ていて心が暗くなったし、にもかかわらずナツがそれを良い事みたいに大喜びってなんなの? まあ、ナツの立場からしたらまちが都会に行かないのは良い話かもしれないけど、「くまみこ」というアニメ全体で考えたらこれバッドエンドじゃないの? 見終わって全然気持ちが良くなかった……

 ちなみに原作にはこんなエピソードはありません。あくまでアニメオリジナルの展開です。スタッフの原作破壊ぶりがひど過ぎ……


 あと、結局「婦人会」の説明しなかったね。謎のまま終わっちゃった。


総括

 評価は、10話までは○、しかし11・12話は×。


 コミックフラッパーで連載中のゆるゆるコメディ漫画のアニメ化。最初は原作に忠実にノリを再現しており、傑作の予感がしていたのですが……


 東北の山奥にある熊出村(くまでむら)では、村の住民と山神の使い的なしゃべるクマが仲良く共存していました。クマ代表のナツと、熊を奉る神社の巫女・雨宿まち(14歳)は、昔からの仲良し。まちは都会の暮らしにあこがれ、高校は都会の学校に行きたいと思っているものの、人見知りな性格に加えて、家電やら公共交通機関やらについての基礎的な知識がほぼゼロのため危なっかしいことこの上なしです。逆に最新のIT機器を使いこなし、都会の知識も豊富なナツは、後見人的立場でまちの面倒を見るのですが……


 原作は、「中学生なのにネットとかそのあたりの知識がゼロで、それ以前に電気炊飯器も使えない」というまちと、逆に「ケダモノなのにタブレット端末やスカイプを使いこなして都会に詳しいナツ」という逆転した関係で毎回笑いを取るゆるゆるコメディ漫画。アニメの方も序盤から8話あたりまでは原作に忠実で、「実に上手く原作の雰囲気を再現している」と高く評価していたのですが……


 終盤の二部作、11話・12話のオリジナル展開がもう大失敗。突然今までのゆるコメディ展開からシリアスに移行してしまい目も当てられなかったし、さらに主要キャラクターたちの台詞が全部納得できないものばかり。良夫が「村おこしのためまちは犠牲となって働け」云々と突き放すのも冷酷で反感しか感じませんでしたし、過酷なアイドル体験で心が折れたまちが「もう都会はこりごり」とか宣言するのはバッドエンドでしかないし、それを聞いてナツが大喜びするというのもどうなの、という感じだし。


 スタッフは結局原作の面白みというものをまるでつかめていなかったんだな、という気しかしません。原作が連載中だからアニメオリジナルの最終回を作る、というのは珍しくない話ですが、ここまで原作のノリを無視した結末というのは珍しいのでは? スタートは素晴らしかったのに着地で大コケしてしまった悲しいアニメでした。


TVアニメ「 くまみこ 」エンディングテーマ「 KUMAMIKO DANCING 」

スタッフ情報
【原作】吉元ますめくまみこ」(「月刊コミックフラッパーKADOKAWA刊)
【監督】松田清
【脚本】ピエール杉浦、池谷雅夫
【キャラクターデザイン】齊田博之
総作画監督】齊田博之
美術監督】森川篤
色彩設計】吉村智恵
【撮影監督】鈴木麻予
【編集】定松剛
【音響監督】たなかかずや
【音楽】立山秋航
【音楽制作】KADOKAWA



音楽
【OP】花谷麻妃だって、ギュってして。
【ED】雨宿まち(CV:日岡なつみ)、クマ井ナツ(CV:安元洋貴)「KUMAMIKO DANSING」


キャスト
雨宿まち:日岡なつみ
クマ井ナツ:安元洋貴
雨宿良夫:興津和幸
酒田響:喜多村英梨


くまみこ 1 (MFコミックス)