読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:特撮「仮面ライダーアマゾンズ」第2話「BEAST INSIDE」


【Amazon.co.jp限定】仮面ライダーアマゾンズ データファイル

仮面ライダーアマゾンズ | 東映[テレビ] http://www.toei.co.jp/tv/amazons/index.html
仮面ライダーアマゾンズ公式 http://www.superhero-year.com/amazons/
放送 BS朝日。全13話。

【※以下ネタバレ】

第2話 『Episode 2 BEAST INSIDE』 (2016年7月10日(日)深夜放送)

あらすじ

 緑のトカゲアマゾンがコウモリアマゾンを瞬殺するが、赤トカゲアマゾンにKOされてそのまま連れ去られた。また駆除班の一人が変身したトンボアマゾンもそのまま消えてしまった。

 駆除班は雇い主にアマゾンについての説明を求める。アマゾンとはその会社が研究していた「アマゾン細胞」(人食い細胞とも)が成長して人間型になったものだったが、二年前の研究所の事故で逃げ出し、しかも行動を抑制する腕輪の使用期限が二年でついに切れてしまったため暴れだしたのだという。アマゾンの総数は4000体だといわれ、駆除班は絶句する。

 一方緑トカゲアマゾン水澤悠は、赤トカゲアマゾン鷹山仁から自分が人間ではないこと、鷹山がアマゾンを狩っている事を知らされる。駆除班は逃亡したトンボアマゾンの駆除に向かうが、逆襲されて危機に陥る。そこに赤トカゲアマゾンが現われるが、さらに悠が変身した緑トカゲアマゾンが到着し、トンボアマゾンを殺す。しかし暴走状態の緑トカゲアマゾンは赤トカゲアマゾンに襲いかかった。続く。

脚本:小林靖子 監督:石田秀範


感想

 前回よりは多少マシにはなったものの、まだまだという感強し。大体、企業が研究していた怪生物が逃げ出して人間に化けて暮している、という設定は「ゼットマン」そのまんまという気がする。お子ちゃまライダーを否定したアダルツなライダーにするのだったら、あのオモチャオモチャしたベルトから止めるべきだろうという気もするしね。

 それはそうと、アダルツな話だからか(?)、みんな滑舌が悪い。もっとはっきりしゃべってくれないと何を言っているのか解らん! 半分くらいはカンで把握してます。


【Amazon.co.jp限定】仮面ライダーアマゾンズ オリジナルサウンドトラック (特典CD-R付)