読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「黒い炎の幻影」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 526巻)(2016年8月5日(金)発売)

ペリー・ローダン


黒い炎の幻影 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-526 宇宙英雄ローダン・シリーズ 526)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120838
黒い炎の幻影 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-526 宇宙英雄ローダン・シリーズ 526) 文庫 2016/8/5
エルンスト・ヴルチェク (著), ペーター・グリーゼ (著), 工藤 稜 (イラスト), 林 啓子 (翻訳)


アトランは惑星クランにおける賢人としての役目を終え、いよいよ銀河系に向けて《ソル》でスタートした。その途中、ヴァルンハーゲル・ギンスト宙域にたちよることにする。人類に手土産として共生体スプーディを持ちかえろうと考えたのだ。ところが、そこにあるはずの大量のスプーディは、すべて消え去っていた。かわりに見つかったのは、燃えがらのように見えるアステロイドだった。その正体とはいったい、なになのか?


発売日 = 2016年8月5日(金)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」


【※以下ネタバレ】


内容

◆1051話 黒い炎の幻影(エルンスト・ヴルチェク)(訳者:林 啓子)

 アトランが指揮する《ソル》は、銀河系にスプーディを持ち帰るため、ヴァルンハーゲル・ギンスト宙域に立ち寄るが、なんとスプーディは消えており!?


 いよいよアトランの銀河系帰還の旅が始まりました。ローダンとの再会ももうすぐだと思うと待ち遠しいですね。アステロイドに居た謎の美女の名前は「ゲシール」と訳されています。原語は「Gesil」でファン同人誌では「ゲジル」と訳されていたのですが、やはり同人版とは微妙に変えてきましたね。アステロイド付近に居た宇宙船は明らかにセト=アポフィス配下のサウパン人のものですし、ゲシールの幻覚能力は「スリマヴォ」と同じものだし、色々とローダン側とアトラン側の話がリンクし始めているのが嬉しい。

 ところで、P49の「ここはダロスじゃありませんよ」という台詞の意味が全く解りません。ダロスって何ですかね?



◇1052話 キルクールのフィナーレ(ペーター・グリーゼ)(訳者:林 啓子)

 惑星キルクールでは、ベッチデ人の代表「船長」が突然「キルクールの公爵」と名乗り!?


 キルクールの内輪揉め話。どうせアトランたちが到着するまでの時間調整的な話だろう、とか思っていたら、意外に面白かった。最後にベッチデ人を《ソル》に迎え入れるくだりは結構感動的でした。



 前半・後半ともまずまずのお話でした。



表紙絵

 メインはアトラン。背景は謎の女ゲシール、アステロイドのクモ型ロボット(の足だけ、《ソル》。


あとがきにかえて

 担当は「林啓子」氏。全4ページ。趣味のピアノの演奏のため、「トータル・トレーニング」を受けた話。


次巻予告

 次巻は527巻「メンタル嵐」(ペーター・グリーゼ& H・G・エーヴェルス)(2016年8月24日(水)発売予定)。


おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm