読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「スカーレッドライダーゼクス」第8話「To Be Someone」

アニメ


TVアニメ「 スカーレッドライダーゼクス 」オープニングテーマ「 青と紅のフォルツァート 」

TVアニメ「スカーレッドライダーゼクス」公式サイト http://scared-rider-xechs.com/
放送 AT-X。全12話。

【※以下ネタバレ】

第8話 『Track.08 To Be Someone』

あらすじ

 グランバッハの琉球LAG襲撃から二ヵ月が経った。ライダーたちは、グランバッハのことを気にかけつつも、明日に迫ったクリスマスイブの準備に勤しんでいた。しかハコはアキラやライダーたちから距離を置き、自分が何者なのかという疑問に苦しんでいた。

 深夜、岡崎監察官の送り込んだ特殊部隊が琉球LAGを襲撃し、アキラを確保しようと狙ってきた。その混乱の中で、ハコは石寺長官の元に向かい、自分が何者かを問いただす。石寺はハコの記憶が全てアキラのコピーであると指摘する。

 実は蒼の世界(人間側)と紅の世界の戦いは、一般に信じられているような拮抗状態では無く、紅の世界の戦力は蒼の世界の1万倍であり、その気になればナイトフライオノートは簡単に人間世界を蹂躙できた。しかし人間側はナイトフライオノートのボスであるグランバッハにあるゲームを持ちかけ、グランバッハがそれを受けたことで、紅の世界からの全力での侵攻は食い止められていた。そのゲームとはどちらかの陣営が「女神」であるアキラを入手すること。現時点でアキラは人間の世界にはいるものの、ゲームのルールでは未だどちらの陣営もアキラを手に入れてはいなかった。そして岡崎監察官がゲームのルールを破って用意した「偽りの女神」がハコだった。石寺はハコの存在がゲームを台無しにしたので、いずれ紅の世界からの大侵攻がはじまり、この世界は破滅するだろうと予言する。全てを知ったハコは激高して石寺を射殺した。

 逃走していたアキラとライダーたちは兵士に取り囲まれ、さらにアキラたちの前にハコが現われ投降を呼びかけてきた。


脚本:熊谷純 絵コンテ:三浦和也 演出:石山タカ明 作画監督:佐藤陽子


感想

 評価は○。


 うーん、良い感じに衝撃ストーリーが展開して、今のところ実に好みの話の流れとなっております。まだたっぷり4回も残っているので尺としては十分余裕がありますから、思いっきり盛り上げてもらいたいものです。

 ところで甘粕ソーイチロウ(遊佐浩二)が「生徒を避難させる」とか言っていたのですが、マジに琉球LAGってなんなの? 純粋な軍事基地じゃなくて士官学校も併設している的な複合施設なの?


スカーレッドライダーゼクス(通常版)