読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「メンタル嵐」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 527巻)(2016年8月24日(水)発売)


メンタル嵐 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-527 宇宙英雄ローダン・シリーズ 527)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120846
メンタル嵐 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-527 宇宙英雄ローダン・シリーズ 527) 文庫 2016/8/24
ペーター・グリーゼ (著), H・G・エーヴェルス (著), 工藤 稜 (イラスト), 小津 薫 (翻訳)


《ソル》は惑星キルクールのベッチデ人をあらたな乗員に迎え、銀河系をめざす帰還の旅に出た。しかし、船内ではバーロ人たちが異様な行動を見せはじめる。無気力になって動きが鈍くなり、生存のために不可欠な宇宙遊泳にも出ていこうとしないのだ。これを案じたアトランは、船長のタンワルツェンと相談し、なかば強制的にバーロ人を宇宙空間に連れだすことにする。そこに同行した一乗員が思いがけない発見をしたのだが!?


【※以下ネタバレ】



◇1053話 ガラス人間の変身(ペーター・グリーゼ)(訳者:小津 薫)

 《ソル》で暮らす「バーロ人」は、ソラナーから派生した種族で、ガラス状の皮膚を持ち、宇宙空間でも最大24時間生存することが出来た。ある日、《ソル》が未知の放射を受けた結果、バーロ人は無気力化し、さらにバーロ人の発する二次放射でソラナーは錯乱してしまった。やがてバーロ人は全員《ソル》を捨てて、未知放射の源へと漂流し始めた。アトランはバーロ人がいつまでも宇宙で生きられるように変化したことを知り、彼らをそのまま行かせる事にした。(時期:西暦4012年3月9日〜)(=新銀河暦425年)



◆1054話 メンタル嵐(H・G・エーヴェルス)(訳者:小津 薫)

 (1047話からの続き)。《バジス》は、ついにノルガン・テュア銀河にある監視騎士団の本拠惑星クーラトへと到着した。しかしクーラトは謎の『メンタル嵐』に襲われ、大混乱に陥っていた。一方《バジス》でもハミラー・チューブが異常となり、船は行動不能となってしまった。直後、ローダンは「目」で《バジス》に到着し、全てはセト=アポフィスの攻撃だと確信すると、単身クーラトに向かうことにした。(時期:NGZ425年5月4日とその前後)