読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:映画「特攻大作戦」(1967年:アメリカ)

特攻大作戦(初回生産限定) [DVD]

映画|NHK BSオンライン http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/
放送 NHK BSプレミアム 2016年11月22日(火)

【※以下ネタバレ】
 

ノルマンディー上陸作戦のため連合軍のライズマン少佐がある特殊命令を受けた。それは過去に殺人や強盗などの犯罪歴がある12人のならず者を一流の部隊に鍛え上げ、敵軍の破壊工作を行うというもの。厳しい訓練の後、彼らはドイツ軍幹部のいる戦場へと乗り込む。鬼才ロバート・アルドリッチ監督が、リー・マービンアーネスト・ボーグナインほか、個性豊かな俳優陣を集結させて描く戦争アクション大作。アカデミー音響効果賞。

 

あらすじ

 時は1944年。連合軍のヨーロッパ反攻作戦の直前。アメリカ陸軍少佐のライズマンは、ある極秘の決死作戦を命じられる。それは軍刑務所に投獄されている12人の重犯罪者たちを率いてフランス・レンヌへ潜入し、ドイツ軍の保養施設を襲撃して軍の幹部たちを殺害、指揮系統にダメージを与えるというものだった。12人は作戦の参加中は刑の執行を停止され、また働き如何では減刑もありうると約束され、不承不承作戦参加を了承する。

 12人は、士気は低く、チームワークの欠片もなく、ライズマンに反抗的だったが、厳しい訓練の中でやがて団結し、兵士として鍛え上げられていった。12名は「ダーティーダズン(汚い一ダース)」と呼ばれるようになる。

 そして作戦は開始され、見事作戦は成功するが、生還したのはライズマンと副官の軍曹、そしてダーティーダズンのウラディスローの三人だけだった。ウォーデン将軍は11名を名誉の戦死とし、生き残ったウラディスローは元の地位に戻すと約束するのだった。


感想

 評価は○。

 名前だけは無茶苦茶有名な映画ですが、今まで見る機会が無く、これが初見です。まあ、2時間31分の映画ですから、そうそう放送される機会もありませんしね。


 さて、評価ですが、面白いことは面白かったのですが……(言葉を濁す)、ライズマンが任務を命令されてから作戦が開始されるまでに、1時間45分もかかってまして、そこまでが長かった……、まあ確かに、ただのふてくされた兵士たちが、だんだん団結していって一級の兵士へと鍛えられていく過程の描写に時間も必要でしょうけど、この配分はどうなのかという感じでありました。

 まあ、本筋の決死作戦も45分かけているのだから、戦闘シーンが物足りないという事もなかったのですが、ドンパチシーンが終盤の1/4しかないという構成はどうなのかと。やはりペース配分に疑問が残りました。良くも悪くも60年代ハリウッドの映画という感じです。

 結末は、当初予想では、12人は全滅、ライズマンだけが重傷を負いつつなんとか生き残る、というかなりひどいオチだと思っていたのですが、チャールズ・ブロンソン演じるウラディスローがしれっと生き残っていたので意表を突かれました。しかもラストシーンの音楽が妙に軽快で明るくて、11人死んだのにこのノリはどうなんだよ、という印象でしたが、リー・マービンブロンソンも生きているから問題なし、という感覚なのかな。

 あと最後の最後になってようやく気が付いたのですが、ライズマンの副官の軍曹も作戦に参加していたのね。病院で松葉杖でうろうろしている兵士がいて、あれこんな囚人いたっけ、とよくよく顔を見たらあの鬼軍曹だったという……

特攻大作戦
BSプレミアム11月22日(火)午後1:00~3:31


【製作】
ケネス・ハイマン
【監督】
ロバート・アルドリッチ
【原作】
E・M・ナサンソン
【脚本】
ナナリー・ジョンソン、ルーカス・ヘラー
【撮影】
エドワード・スケーフ
【音楽】
フランク・デ・ボール
【出演】
リー・マービンアーネスト・ボーグナインチャールズ・ブロンソン、ジム・ブラウン、ジョン・カサベテス、テリー・サバラスドナルド・サザーランド ほか


製作国:
アメリカ
製作年:
1967
原題:
THE DIRTY DOZEN
備考:
英語(※一部独語・仏語)/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ


ジョン・ライズマン少佐 リー・マーヴィン
ウォーデン少将 アーネスト・ボーグナイン
ロバート・T・ジェファーソン ジム・ブラウン
ジョセフ・T・ウラディスロー チャールズ・ブロンソン
ヴィクター・R・フランコ ジョン・カサヴェテス
クライド・ボーレン軍曹 リチャード・ジャッケル
サムソン・ポージー クリント・ウォーカー
アーチャー・J・マゴット テリー・サヴァラス
マックス・アンブラスター少佐 ジョージ・ケネディ
スチュアート・キンダー大尉 ラルフ・ミーカー
エヴェレット・ダッシャー・ブリード大佐 ロバート・ライアン
ヴァーノン・L・ピンクリー ドナルド・サザーランド
デントン准将 ロバート・ウェッバー
ペドロ・ヘミネス トリニ・ロペス
ミロ・ヴラデク トム・バスビー
グレン・ギルピン ベン・カルーザス
ロスコー・レヴァー スチュアート・クーパー
カール・モーガン伍長 ロバート・フィリップス
セス・K・ソーヤー コリン・メイトランド
タソス・R・ブラヴォーズ アル・マンシーニ