読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「クラシカロイド」第13話「ます」

アニメ

クラシカロイド クリアファイル

アニメ「クラシカロイド」HP http://www.classicaloid.net/
放送 NHK Eテレ。土曜日17:30~18:00。

【※以下ネタバレ】
 

第13話 『♪13 ます』 (2017年1月7日(土)放送)

 

あらすじ

 日曜日の午後、日の高いうちから入浴してご機嫌のシューベルトは、自分の曲「ます」を歌っているうちにうっかりムジークが発動をさせてしまい、ますの姿になってしまう。事情を知らないモーツァルトや歌苗は早速ますを料理しようとするが、シューベルトは自由を求めて館から脱出し、奏助のおかげで浜名湖に逃げることに成功した。

 ところが、シューベルトはちょうど浜名湖に釣りに来ていたベートーヴェンに釣り上げられ、すぐさま音羽館に戻ってきてしまう。しかし何故かここでまたムジークが発動し、それに巻き込まれたベートーヴェンブラックバスと化してしまった。ベートーヴェンは歌苗たちに食べられそうになった途端ムジークを発動させ、台所の器具をカニ型ロボットに変えて逃走を図る。歌苗たちはそれを食い止めようとしてもみ合っているうち、さらにシューベルトのムジークが発動し、ついに歌苗、奏助、クラシカロイド五人、の全員が庭の池で水生生物化してしまう。

 一週間後、ムジークの効果が解け、一同は元の姿に戻るが、シューベルト以下全員何が起こったかの記憶を無くしていた。最後またシューベルトが風呂でご機嫌で歌っていて、またます化してしまう、というオチで〆。


感想

 アホ回ですな(笑) 今回は魚化したシューベルト前野智昭の一人ボケ突っ込みが笑わせてくれました。

※他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ

アニメ「クラシカロイド」あらすじ・感想まとめ


クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1